航空保安管制システム

航空管制用レーダシステム、無線標識装置、
空港気象ドップラーレーダで空の安全を守る。

航空保安管制システム

世界の空港で活躍、東芝のVOR/DME

空港エリアや航空路を運航する航空機の飛行状況を探知し、航空機の位置情報を地上の管制官に提供する航空管制用レーダシステムや、パイロットに地上から航空機の方位情報を提供する無線標識装置(VOR/DME)、空港エリアの気象を観測し、雨や風の情報を知らせる空港気象ドップラーレーダにおいても、東芝の技術が活躍しています。とりわけ無線標識装置は、国内のみならず、フィリピンやマレーシア、インド、スペイン、ポルトガルなど、多くの国で導入、運用され、今後もさらにグローバルに広がっていくものと期待されています。

日本国内の航空管制用レーダ供給実績

日本国内の航空管制用レーダ供給実績図

世界各国へのVOR供給実績

南アメリカ

南アメリカ
納入先 納入年度
Ecuador 2011
Venezuela 2016
Colombia 2019

ヨーロッパ

ヨーロッパ
納入先 納入年度
Norway 2008
Spain 2009
Portugal 2010
Poland 2011

中東・アフリカ

中東・アフリカ
納入先 納入年度
Tunisia 2008
Lesotho 2009
Mozambique 2009
Oman 2009
Saudi Arabia 2011
Ethiopia 2017
Botswana 2018
Algeria 2019

アジア・オセアニア

アジア・オセアニア
納入先 納入年度
Malaysia 2011
Pakistan 2013
Azerbaijan 2014
Myanmar 2015
India 2017
Kyrgyz 2017
Thailand 2018
To Top