クラウドエンジニアリングツール/シミュレータサービス nV-Toolsクラウド

クラウドエンジニアリングツール/シミュレータサービス
nV-Toolsクラウド

クラウド上で開発環境を管理
開発から運用保守までオンラインで対応可能に

クラウドエンジニアリングツール/シミュレータサービス nV-Toolsクラウド

特徴

東芝産業用コントローラで統一的に使用されるエンジニアリングツール nV-Toolが、クラウド上で開発環境を管理できるようになりました。あらゆる制御対象のエンジニアリングに適した、ユーザフレンドリな環境を提供します。

システム構成例
システム構成例
生産性向上

生産性向上

いつでもどこでもプログラム開発可能でテレワークにも対応

  • 実機のないところでプログラム開発からデバッグまで可能
  • 移動時間や実機待ち時間による作業時間短縮
  • 異なる拠点でも簡単にプログラムの共有が可能
設備費削減

設備費削減

実機保有台数を削減しライトアセットな開発環境

  • 実機の数を削減可能
  • 開発規模やフェーズに応じて開発環境を増減可能
  • サブスクリプション方式でライトアセットな開発が可能
運用保守

運用保守

運用保守もリモート対応でスピーディに問題解決

  • 運用、保守をリモートから対応可能
  • 急なトラブルにもスピーディに対応可能
  • ツール用PCのメンテナンスが不要

活用事例

拡張性

複数のツールバージョン:コントローラ毎に異なるバージョンのツールが必要な場合
⇒ クラウド環境やツールの更新不要で、プログラム開発に注力できます

拡張性 拡張性
拡張性

共同開発:異なる拠点で共同開発している場合
⇒ 時間と場所を問わずクラウド上の開発プログラムへアクセス可能です

拡張性 拡張性
拡張性

開発環境の調達:開発規模やフェーズを考えて開発環境(実機やツール)を調達する場合
⇒ 実機を増やさなくても、簡単に開発環境を作成できます

拡張性 拡張性

サービス概要

サービス概要
区 分 内 容
サービス稼働時間 24時間365日(定期メンテナンス時を除く)
利用形態 1件のご契約に対し、お客様が必要な数の仮想環境をご提供します
料 金 ●初期費用:①会社/事業部
       
初期
       
登録料
      ②利用者追加
●年会費 :会社/企業ごと
●月額  :VM毎の利用料
サービス利用期間 最短6ヶ月
データ保証 各ストレージに格納されているお客様のデータは、定期的にバックアップを行い障害時の復旧に備えます
ヘルプデスク MSSCダイレクト問い合わせ管理システムによる受付
24時間365日、ただし運用担当者による対応は、弊社営業日の9時~17時

お支払いのイメージ

これまで...
(CD-ROMでのご提供)

拡張性

これから...資産管理が不要!
(サービスでのご提供)

拡張性

システム構成

システム構成
項 目 内 容
エンジニアリングツール nV-Tool4(スタンドアローン版 日本語版)
シミュレータ nvシミュレータ
デスクトップクライアント Windowsデスクトップクライアント
クラウド環境/
クラウド基盤
Microsoft Azure

ご注意

  • TC-net、ユニファイドコントローラnvシリーズは、東芝インフラシステムズ株式会社の商標です。
  • Microsoft Azure, Windowsは、米国マイクロソフト社の米国および他の国における登録商標です。
  • その他記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
  • 本資料に含まれる内容は2021年8月現在のものです。
  • 本資料の掲載内容は、技術の進歩などにより予告なしに変更されることがあります。
  • 本資料に掲載してある技術情報は、製品の代表的動作・応用を説明するためのもので、その使用に際して当社および第三者の知的財産権その他の権利に対する保証または実施権の許諾を行うものではありません。
  • 本資料に掲載されている製品を、国内外の法令、規則および命令により製造、販売を禁止されている応用製品に使用することはできません。
  • 本製品の使用または、使用不能により生ずる付随的な損害(事業利益の損失、事業の中断、事業情報の損失、またはその他の金銭的損失を含むがこれらに限定されない)に関して当社は一切の責任を負いかねます。
  • 製品をご使用の際には、取扱説明書をお読みいただいた上で正しくお使いください。
  • 本製品は外国為替および外国貿易法により、輸出または海外への提供が規制されているものです。
  • 本製品は、米国輸出管理の規制を受けており、輸出する場合、輸出先によっては米国政府の許可が必要です。
  • 本製品は、以下のような人命に直接かかわる安全性を要求されるシステムに適用する目的で製造されたものではありません。
    このような用途に使用する可能性がある場合には、当社営業窓口へご相談ください。
    [例]
    • 原子力発電所の主機制御システム、原子力施設の安全保護システム、その他安全上重要な系統システム
    • 集団輸送システムの運転制御システムおよび航空管制制御システム
    • 人命にかかわる医療制御システム
To Top