ニュースリリースNEWS RELEASE

東京都へのCO₂削減クレジット50,000 t の寄付について
-「ゼロエミッション東京」を目指す取組に協力-

2019年7月 5日

 東芝インフラシステムズ株式会社(神奈川県川崎市、代表取締役 今野 貴之)は、東京都の「ゼロエミッション東京」を目指す取組に協力し、当社府中事業所(東京都府中市、事業所長 細井 昌一。以下「東芝府中事業所」)で創出されたCO₂削減クレジット50,000 t を東京都に寄付しました。

 東芝府中事業所は東京都キャップ&トレード制度の対象事業所となっており、省エネに関する取組等により、温室効果ガス(CO₂)の排出量を削減してきました。この度2010~2014年度までの5カ年の取組で、削減義務量を超過して削減したクレジット61,801 t のうち、50,000 t を寄付するものです。

 東芝府中事業所は「2017年度東京都トップレベル事業所」(優良地球温暖化対策事業所)※1として認定されています。東芝グループは、今後も継続的かつ着実に省エネ対策を行いCO₂の排出削減を継続するとともに、SDGsの実現に向けて貢献してまいります。

※1:
「2017年度東京都トップレベル事業所」(優良地球温暖化対策事業所)
 東京都が地球温暖化対策の推進の程度が特に優れた事業所として認定する制度。東芝府中事業所は、区分II(工場など)で認定された。
 2018年3月14日 東京都環境局報道発表
「東京都キャップ&トレード制度
 地球温暖化対策の取組が特に優れた「トップレベル事業所」を10件認定」
 http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/03/14/08.html

東京都の取組への協力はこちらからご覧ください。
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/climate/large_scale/mukouka/index.html

東芝インフラシステムズ府中事業所

東芝インフラシステムズ府中事業所

To Top