System Integration

鉄道エネルギーマネジメント(鉄道EMS)

鉄道エネルギーマネジメント(鉄道EMS)

鉄道システム全体のエネルギー管理を効率的に実行。

東芝は、列車運行と電力供給を効率的に総合管理することによりエネルギー消費を低減する鉄道エネルギーマネジメントシステム(鉄道EMS)の開発を推進。環境にやさしく低コストな輸送を実現するためのエネルギー循環型鉄道システムを構築します。

省エネ運用のためのPDCAサイクル

特長

鉄道エネルギーマネジメントは、エネルギー消費量に配慮した輸送計画と運行制御を行い輸送解析の結果を省エネ性向上に生かしていく"スマートオペレーション"や、回生エネルギー、蓄電、再生可能エネルギーなども含めた電力供給システムのトータル設計を行う"スマートエネルギー"など、エネルギーをキーとして鉄道システム全体を統合する省エネソリューションです。要求される輸送品質の確保と消費エネルギーの削減の両立が期待できます。

利点と価値

  • 消費エネルギー量低減
  • 回生エネルギー使用率増加
  • 電力供給平準化

鉄道エネルギーソリューション

システム構成図
  • *1 TCMS : Train Control and Monitoring System(車両制御情報システム)
  • *2 ATO : Automatic Train Operation(自動列車運転装置)
  • *3 PMSM : Permanent Magnet Synchronous Motor( 永久磁石同期電動機)
  • *4 SCiB™ は二次電池です。
To Top