横川 貴洋 横川 貴洋
航空機搭載アイコン航空機搭載
開発設計

横川 貴洋

YOKOKAWA TAKAHIRO

2016年入社

所属:小向事業所 センサシステム技術部
専攻:情報理工学研究科 知能機械工学専攻

安全と安心は、
見えないもの。
人の生活を
支えるためのもの。


入社のきっかけ
やりたいことの本質は、何?

好きなことを仕事にするべきか。趣味と仕事は分けるべきか。この2択は、就職活動を始めたときに、学生のみなさんも悩んだことがあるテーマなのではないでしょうか。じつは私も、そうやって迷ったことのあるひとりなんです。

幼い頃から車が大好きで、車メーカーに勤めたいと考えていました。しかし大学で車載レーダに関する研究をするうち、その考えが徐々に変化するように。最終的に選んだのは、車は趣味として、仕事は国の安全を守ること、という選択でした。国の安全を守る仕事をしようと決めたのは、自分が車に対してどんな考えを持っているかを改めて振り返ってみたことからです。自分が車載レーダの研究に取り組む際、もっとも大事にしていたのは、安全・安心であること。安全と安心を形にしたいと考えるのなら、もしかしたら手段は車にとらわれなくてもいいのかもしれないと気づきました。そうして、人々の毎日の安全と安心を支える仕事である、国の安全を守ることに携わりたいと考えるようになったのです。

インタビュー画像1

現在の仕事内容
いいものづくりは、直接が大事。見て、聞いて、乗って。

現在は、航空機に搭載するセンサやレーダの設計・開発を行っています。開発設計というと、一日中デスクに向かっていたり工場にずっといたりといったイメージを持つかもしれませんが、本当はコミュニケーションをとることが何よりも大切。お客様のところへ直接行くこともあり、あるいは他部署との打ち合わせをすることもよくあります。

開発設計の仕事について、学生時代にイメージしていたのと大きく異なるのは、航空機に同乗して製品テストなどに立ち会えることです。先日も、現地へ直接赴き、試験を行ってきました。望んだ性能になっているか自ら確認し、有識者と会議。それらのデータを基に、問題があれば改善を重ねていきます。どんなふうに使われ、どんな結果を出しているか実際に自分で見られることで、仕事が形になるやりがいを感じています。

インタビュー画像2

仕事の難しさ・やりがい
"使われない"ことを願いながら、日本の安全を考える。

私のつくっている製品は身近なものではなく、直接誰かの役に立つことはありません。しかし、国の安全を守る非常に大切な製品です。

長ければひとつのプロジェクトで10年の歳月をかけてやり遂げるのが私たちなのです。それらを頑張れるのは、万が一何かがあったときに備えておくため。そして備えているからこそ、人々の生活を何事もなく支えることにつながっているのだと、知っているからです。

国を守る製品を作る仕事は責任が大きく、体力も必要。大変なことはたくさんあります。しかし、この国の多くの人の、安全と安心を下支えしているという使命感が、今日も私たちを動かしてくれているのです。

インタビュー画像3

若手の休日
趣味を通じて、新たなつながりを。

仕事は大変な場面もありますが、そのぶん給与には満足しており、趣味は貯金です!(笑) 普段は節約して、たまにドカンと美味しいものを食べるのを楽しみにしています。それから、学生時代から野球を続けており、観るのもやるのも大好きです。最近では、学生時代の仲間やその友人たちと、草野球やソフトボールを。スポーツを通じて仲間が増えていくのは、楽しいですね。

※掲載内容は取材当時のものです。

インタビュー画像4

ある日の
タイムスケジュール

6:30 出社

担当する業務の進捗状況やメールによる依頼事項を整理し、1日の作業スケジュールを決めます。先輩の出社前に、緊急の作業依頼の対応や、新しいアイデアを考え、先輩方に追いつけるように努めます。早朝の静かな空間の中、フレッシュな状態で一番集中できるお気に入りの時間です。

9:00 プロジェクトミーティング

プロジェクトメンバーの作業内容や進捗状況を共有する会議です。進捗が思わしくない時や設計検討で困り事や悩み事がある時はアドバイスを貰い、効率良く作業を進められるように努めます。会議と合わせて勉強会を開催し、従来技術を先輩に質問することや、新しい技術情報をメンバーで共有することもあります。

12:00 ランチタイム

昼休みは食堂で昼食をとります。事業所の中には複数の食堂があり、メニューも豊富で1日の中の楽しみの一つです。昼休みの過ごし方は自由で、私の場合、昼食が終わったら、自分のデスクで昼寝をして、午後からの業務に備えます。事業所では毎年昼休みを利用して、社内レクリエーションやソフトボール大会が行われます。

15:00 設計レビュー

検討した設計結果を社内の有識者へレビューし、お客様の要求を満足するものか、設計項目や内容が妥当なものか、より良い製品を提供できるように様々な視点でチェックされます。システム担当の業務は多岐にわたり、各種設計検討、設計書や製造資料の作成、各種試験の実施など様々なフェーズで幅広い業務を行います。

19:00 退社

朝決めた作業スケジュールを振り返り、予定の作業が完了したら退社します。計画とおり作業が進まない時や忙しい時には退社が遅くなることもありますが、予定とおり作業が終わったときには充実感を得られます。趣味や自宅でゆっくりする時間を楽しみに、オンとオフの切り替えを意識して業務に取り組んでいます。

横川 貴洋タイムスケジュール画像1
横川 貴洋タイムスケジュール画像2
To Top