堀内 征太郎 堀内 征太郎
航空管制アイコン航空管制
開発設計

堀内 征太郎

HORIUCHI SEITARO

2012年入社

所属:小向事業所 電波応用技術部
専攻:環境学研究科 地球環境科学専攻

空港などで使用される監視
レーダの開発・
設計を担当。
ユーザ目線を心掛け、世界
を視野に仕事に取り組んで
います。

航空機の離発着場に設置され、航空機の位置や方位情報を取得する空港監視レーダの設計・開発を行っています。レーダは複数のパーツで構成されています。私は、大電力の電波を送信する送信装置の設計、及び反射物によって反射された電波を受信する受信装置の設計を担当しています。受信装置の中では、航空機やヘリコプターなどの目標物を検出するためのデジタル信号処理の方式設計に注力しています。この仕事は、アンテナのように大きなものから基板のような小さなものまで、ソフトウェアやハードウェアにかかわらず非常に幅広い知識が必要になります。各分野の専門技術者とコミュニケーションをとって得た知識を具現化し、過去の設計資料を読み解き、積極的に有識者から学ぶなど、日々課題解決に取り組んでいます。

自分の設計が製造現場で形になるのを見た時や、シミュレーションした通りに信号処理の結果が得られた時などは、大きな達成感を感じます。

インタビュー画像

納入後、お客様が実際に操作されている姿を見た時は感動しました。一方、実際に使用するエンドユーザの操作性など、自分の手を離れた段階のことを考慮した設計が難しく思います。設計者目線だけでは自己満足になるため、エンドユーザの視点で開発できるよう心掛けています。航空管制分野や気象分野は、日常生活との関わりが深い分、社会への貢献度が非常に高いと感じています。また、開発した製品が見える形で存在しているので、仕事へのモチベーションを高く持つことができます。これからも、世界で活躍するレーダの設計に携わっていきたいと思います。

※掲載内容は取材当時のものです。

インタビュー画像

キャリアステップ

step
1

入社1年目

小向事業所 電波応用技術部へ配属。
移動式着陸誘導装置の開発チームに所属し、一次レーダの信号処理装置を担当する。レーダの基礎技術をここで習得する。

step
2

入社3年目

航空管制レーダの小型化・低コスト化の研究開発を行うチームで、新設計の一次レーダ信号処理装置の基本設計、詳細設計及び性能評価に携わる。

step
3

入社4年目

空港監視レーダのプロジェクトチームに参画し、一次レーダ装置の取り纏めとして活動する。自身で設計・開発した装置が形となり、現地調整を経てお客様によって運用されるまでの一連の工程を体験できたことで、レーダ技術者としての知見が深まったのを実感。

step
4

入社8年目

衛星からの情報を利用して航法援助を行う装置の開発に参画。全国各地に設置された機器の調整作業や試験を担当する。入社後初めてレーダ機器以外のシステムに従事。

step
5

入社9年目

プロジェクトリーダとして航空路監視レーダの量産プロジェクトに従事。お客様と綿密に連携をとってプロジェクトを進めつつ、現状のシステムを理解し、今後の改善や新しい技術の導入による付加価値を提供することに挑戦中。

堀内 征太郎キャリアステップ
To Top