ケーブル

補修や更新が難しいCVケーブルにおいて、絶縁抵抗測定試験では判断できない絶縁劣化の早期発見に寄与します。

ケーブル診断

CV・CVTケーブルは地中埋設等の敷設状況や設備の運用状況により補修や更新が難しい設備です。長期間の運用による絶縁劣化・絶縁力低下や水分の多い場所での水トリー現象による絶縁破壊事故が発生する可能性があります。

CV・CVTケーブルの絶縁体で使用されています架橋ポリエチレン絶縁体は、何らかの原因で水分が浸入した場合に水分により絶縁体が樹枝状に破壊される水トリー現象が発生することがあります。

CV・CVTケーブル断面概要図

CV・CVTケーブル断面概要図

水トリー例

水トリー例

高圧ケーブル絶縁診断

絶縁抵抗測定試験では判別できない高圧ケーブルの絶縁劣化を直流漏れ電流試験の波形確認により早期発見が可能です。

  • 交流課電方式と違い、リアクトルや試験用電源が不要です。(バッテリ式)
  • ケーブルが長い状況でも安全かつ高精度な診断が可能です。
  • 豊富な診断実績があり、異常判定例との比較が可能です。

直流漏れ電流法回路

直流漏れ電流法回路

〔直流漏れ電流法〕
直流高電圧を印加し、ケーブルの絶縁体に流れる直流漏れ電流値と電流の時間経過波形により、ケーブルの絶縁劣化状態を診断します。

判定波形例

判定波形例

直流漏れ電流試験装置

直流漏れ電流試験装置
To Top