メンテナンスの必要性

なぜメンテナンスが必要なのでしょうか?

電気設備は事故に至るまでに、使用方法・環境条件・使用年数などによりさまざまな様相を示しますが、事故には起点となる発生要因があります。
この発生要因を事前に見つけ出し、事故を未然に防ぎ継続して電気設備を使用していくために メンテナンスが必要です。

事故統計

事故統計からもメンテナンスの必要性が分かります。

事故・故障の要因分析によると、設備の自然劣化が42%、保守不完全が19%となっています。このことから、電気設備に対し、保守・保全あるいは診断が不可欠であり適切な対応が必要です。

事故原因 グラフ

無保守・無点検による事故事例

適切な保守・点検整備を行っていますか?
無保守、無点検、不適切な保守、点検整備により、次のような事故が発生しています。

VCB主回路断路部の発弧

事故事例1

主回路絶縁低下による短絡、盤内焼損

事故事例2

エアフィルタ目詰まりによる基板の過熱焼損

事故事例3

コイル糸縛りゆるみによるステータコイルの焼損

事故事例4

メーカ点検だからできる事故解析

事故が起きた場合には、事故要因の究明が急務です。事故解析および事故要因の特定を行い、今後の予防保全に活かします。

破面解析と材料分析

試料に電子線を照射し、形状や構成元素の情報を得る装置で、金属や樹脂の破面解析や材料分析を行い、故障原因を推定します。

破面解析と材料分析
  • 走査型電子顕微鏡・電子プローブマイクロアナライザ

地絡・短絡事故要因分析

水溶液中の陽イオン、陰イオンを分析する装置で、絶縁物表面に付着した汚損物質をイオン分析し、絶縁抵抗の低下要因を推定します。

短絡事故要因解析
  • イオンクロマトアナライザ

UPSの故障時の原因分析

UPSに装着されているメモリカードに記憶された波形を分析し、故障の原因究明を行います。

UPSの故障時の原因分析
  • パソコン画面に表示した波形

劣化要因/参考事例

機器劣化の要因分析

機器劣化の要因分析
To Top