防災ソリューション

"その時"の安心のために、今できることを。
たしかな未来を、人々へ。

日本は、地震・台風・洪水・津波など、数多の自然災害の危険にさらされた脆弱な国土を有しています。東芝は長年にわたり、時に人命を奪う「災害」と向き合い、人々の安全を第一に考えた多彩な"防災システム"を発展させて参りました。
災害時でも安定した通信回線を確保する"無線伝送"、気象データを収集・処理し、防災担当者のサポートを図る"情報処理・提供"、自然や社会の安全を見守る「眼」となる"映像監視"。――それぞれのシステムを相互に連携させながら、日々刻々と変化する災害に応じた防災システムをご提供しています。
これからも東芝は人々に寄り添いながら、もっと安心にもっと安全に暮らせる未来を目指し、高度な防災・減災技術で社会に貢献していきたいと考えています。

To Top