無線伝送システム

災害に強い衛星や地上の無線を利用した設備やソリューションを提供し、災害支援活動等において最重要となる通信ネットワークを維持。

無線伝送システム イメージ

災害に強い"電波"を利用し、安全な暮らしに貢献します

災害に強い電波を利用し、安全な暮らしに貢献します

都道府県防災行政無線システム

  1. 都道府県を中心に、市町村・防災関係機関等を結び、
    全域にわたる通信連結体制を構築するシステム
  2. 全国の自治体と通信が可能
  3. 衛星通信・多重無線等を複合的に活用することで双方
    の回線が同時に被災するリスクを減らし、信頼性の高い
    ネットワークが構築可能

衛星通信システム

  1. 地上の災害の影響を受けないより強固な耐災害生を
    実現する通信システム
  2. 固定局による防災拠点間の通信に加え、衛星車載局
    /可搬VSAT局により災害現場から通信する事も可能
  3. 全国をサービスエリアとし、多数の受信拠点へ情報の
    一斉送信が可能
  4. 電話/FAXや、大容量の映像・データの伝送も可能

マイクロ波帯多重無線システム

  1. 防災拠点間をマイクロ波帯の電波で結び、電話/FAX
    や容量の大きい映像・データ等を伝送
  2. 電波を利用するため、ケーブル断線の可能性は極めて
    少なく、災害時にも安定的に通信回線を提供

市町村防災行政無線システム

  1. 自治体から地域住民への災害情報・行政情報の伝達を
    サポートするシステム
  2. 一斉放送/地域限定放送等、目的に応じた放送が可能
  3. 音声以外にも、文字やデータの送信が可能
  4. 移動局により、職員間の通信も可能
市町村防災行政無線システム

トンネルラジオ再放送システム

  1. 放送電波が遮断されるトンネル内でも、AM/FM放送
    を聴くことを可能とするシステム
  2. 非常時は電波を利用し、避難誘導のための割込放送が
    可能
トンネルラジオ再放送システム

気象レーダ

  1. 電波を発射後、雨粒等に当たって反射してきた電波を受信し雨量等を広範囲に観測
  2. 信頼性の高い個体送信機を採用/高精度の為の
    マルチパラメーターによる観測も可能
  3. 局地的豪雨や竜巻を引き起こす積乱雲の観測実用化へ
    期待される
気象レーダ
To Top