レーザ濁度計

レーザ濁度計のイメージ

概要

東芝のレーザ濁度計は、測定原理に半導体レーザ散乱光測定方式を採用し、濁りの原因である水中の微粒子を検知することで低濁度の測定を実現します。
ろ過池出口の濁度を0.1度以下に維持することを求めた厚生労働省による「水道におけるクリプトスポリジウム等対策指針」に、性能と信頼性で応えます。

特長

  • 低濁度が安定して測定出来る。
  • ゼロ点の安定性に優れている。
To Top