東芝グループは、約半世紀にわたり培ってきた電気設備工事や電気設備点検のノウハウを、運転維持管理業務(O&M業務)に展開しています。O&M業務を通して施設運用を熟知し、事業運営の勘どころを養うことで、上下水道事業体様の業務効率向上や技術継承等の課題解決に貢献していきたいと考えています。施設の建設から運営、そして事業の運営まで私たち東芝グループは、上下水道施設のあらゆるライフステージでお客様をサポートします。

建設更新・施設運営・事業運営から上下水道設備のあらゆるステージでお客様をサポートする流れイメージ

O&M事業

東芝グループは、過去20年以上にわたり運転維持管理業務(O&M業務)に取り組んできました。現在では、水道の第三者委託はじめ全国で30か所以上のO&M業務を受託しています。O&M業務の中から生まれたソリューション開発や維持管理視点での電気設備の改良提案等、お客様満足度を向上する提案を進めています。

O&M事業イメージ

その他の事業運営

O&M業務を起点として業務包括化や受託エリア拡大(広域化)等を提案していくことで、今後多様化するニーズや発注形態に柔軟に対応し、上下水道事業体様の業務負担軽減やライフサイクルコスト低減を目指していきます。

プレスリリース

To Top