RFIDで貨物・カゴ車を自動で識別・追跡し、物流現場をトータルに改善
【関連ソリューション:追跡・所在管理サービス LADOCsuite®/LogiTrace】

物流現場における貨物や輸送機材の積み下ろしは、人手やフォークリフトで行うことが一般的だ。この作業の実績は、貨物の行先や入出庫履歴などの追跡情報として利用可能だが、忙しい作業中に記録することは負担が大きく、入力漏れや実作業とのタイムラグが起こりやすい。
「追跡・所在管理サービス LADOCsuite/LogiTrace」は、カートン、オリコンやカゴ車にICタグを搭載することで、それぞれの貨物がどの輸送機材や車両に積載されたのかを、ハンズフリーで手間なく、タイムリーにデータ化する。
大量の貨物やカゴ車をあつかう物流現場では、人手不足が大きな課題であり、自動化や労働生産性の向上が急務となっている。記録されたデータはクラウドを通して簡単に確認でき、追跡や検品作業・問い合わせ対応の効率化、リソースの生産性分析・向上に活かすことが可能だ。

<図:RFIDが貼付されたカートンやカゴ車を作業中に自動で認識し、各荷物がどの輸送機材や車輛に積載されたのか追跡。人手作業の結果をデータ化し、検品作業や問合せ対応の効率化、リソースの生産性分析・向上を実現する。>

IoT活用事例一覧を見る
お問い合わせ東芝IoTについてのご質問など、
まずはお気軽にお問い合わせください。