4PLとは?

FOURTH PARTY LOGISTICS

4PL

4PL(Fourth Party Logistics)とは、物流オペレーションとそのマネジメントを含む物流業務全般を外部委託する3PLに、ロジスティクス戦略の企画、推進を行うコンサルティング要素が加わったソリューションです。物流業務を請け負うだけでなく、経営方針に基づくロジスティクスの戦略立案から携わり、企業課題を解決へ導きます。

3PLと4PLの違い

3PLと4PLの違い

現場のオペレーションを中心に引き受ける3PL事業者に対し、4PL事業者は、お客様の立場に立ったロジスティクス戦略の策定も含めて対応します。そこで違いが生まれるのは、物流コストの削減に対するスタンスの差です。3PL事業者は、お客様にとっての物流コストが「売上」となるため、自主的な物流コスト削減の提案を出しにくいのに対し、4PL事業者はお客様の利益を重視し、物流コスト削減に取り組むため、自主的な改善提案が出しやすい傾向にあります。

4PLのメリット

4PLのメリット

4PLは、荷役や輸送コストに限らない改善に取り組むことが出来るため、次のようなメリットがあります。

サプライチェーン全体の可視化により潜在的な課題を発見
拠点ごとの在庫量から作業工数の算出まで、様々な物流KPIを用いて可視化を進めることにより、潜在課題を発見できます。
物流費削減に留まらず、在庫や固定資産の圧縮に関する改善施策を提案
拠点の統廃合や機能整理よりP/L、B/S改善に貢献します
物流部門の人員を成長分野に再配置可能
物流部門の業務負荷を減らせるので、本業の成長分野に必要な人材を再配置可能です。

4PL導入で注意すべきこと

4PL導入で注意すべきこと

4PL事業者は、ロジスティクス戦略策定を含めて、物流部門の業務領域をカバーできますが、一方で社内調整や、サプライヤーや協力会社との調整など、お客様の立場でしか実現できない領域もあります。お客様と4PL事業者が共にロジスティクスを改善していくというスタンスが必要とされます。