オペレーション部門 管理輸送担当 国際学部 国際学科 卒 2014年入社

管理輸送担当

仕事内容について

仕事内容について

半導体製品を扱う大阪半導体ロジセンターで、管理輸送という担当に従事しています。主な業務はトラックの手配で、荷主から依頼された輸送案件について、提示された条件を満たすように車両の選定を行っています。当社は自社で車両を保有していないため、案件ごとに最適な運送会社・車両を選択し業務を委託しています。一方で、私は損益管理も行っており、輸送関連を中心に売上と原価の管理を行っています。月末には一ヶ月間の実績をまとめる「締め」作業があり、早く正確にこなすよう心がけています。

やりがい

輸送担当は他事業場と関わることが多く、調整事項も多岐に亘りますが、それがやりがいの一つとなっています。特に、複数の事業場にまたがる案件については、半導体事業におけるハブ拠点である大阪半導体ロジセンターが重要な役割を果たします。最近では、半導体以外にも医療品や他精密機器の引き合いもあり、製品の特性に合わせた調整が必要になります。その中で、各事業場の担当者と輸送スケジュールや仕様について話し合い、各々が抱える課題を克服し、無事お客様の要望通りに納品が完了した時には達成感を感じます。

やりがい

入社理由と入社後の感想

当社は規模の割に社員数が少ないため、若いうちから活躍できそうだと考え入社を決めました。私は海外勤務を希望しているのですが、それが早く実現できそうな点も魅力でした。実際、入社後は周囲に若手海外駐在員や海外出張で忙しくしている人も多く、私自身も二年目で香港への出張を経験しました。その点では入社前後でギャップはありませんでしたが、入社後に改めて強く感じたのは現場の重要さです。現場でモノが複雑に動いている様子を目の当たりにすると、現場作業の品質や効率が事業の核であることが肌で感じられます。

これから挑戦したいこと

これから挑戦したいこと

当面の目標は海外駐在です。大学時代に留学していたこともあり、以前から海外で働くことに漠然と興味を持っていました。さらに、入社後仕事に取り組んでいく中で「海外ではこれはどうなっているのだろう」「もっといろいろな国で仕事をしてみたい」などと思うようになり、海外に挑戦したいという思いがさらに強くなりました。今はまだまだ上司や先輩たちにご指導いただく毎日ですが、早く一人前になって国内外問わず会社の事業に貢献できるような人材になりたいと思っています。

一日のスケジュール

  • 6:30

    起床・朝食

  • 8:30

    出勤

  • 8:45

    始業・メールチェック

  • 9:00

    前日の伝票・現場作業日報の整理

  • 10:30

    今日の配車計画作成

  • 11:30

    スポット手配案件対応

  • 13:00

    昼食(時間をズラしています)

  • 14:00

    本社への報告資料作成

  • 15:00

    今日までの輸送料金整理

  • 17:00

    定期便物量まとめ
    現場へ当日夜・翌朝作業指示(週2~3回の当番制!)

  • 19:00

    退社

  • 19:30

    会社の先輩と飲み会

  • 22:30

    帰宅

  • 23:30

    就寝

他の社員を見る