技術部門 包装設計担当 工学部 機械工学科 卒 2011年入社

グループ外顧客担当

仕事内容について

仕事内容について

東芝製冷蔵庫の包装設計業務を担当しています。 包装設計とは一言で言えば、「最小限の材料で、適正な製品保護と物流効率を提案する仕事」。 ミッションとして、少ない材料でいかに製品の品質を維持しつつもコンパクトに効率良く輸送・保管・荷役できるかを考え、各製品に適した包装仕様をお客様へ提案します。具体的には、対象となる製品の仕様や流通環境、コストやスケジュールなどの要求事項をお客様とのやり取りの中で確認し、包装形態を決めていきます(設計・作図)。試作品を評価し、標準化、改善活動までを行っています。

やりがい

包装設計ならではの価値をお客様へ提案し、成果が出てお客様に喜んで頂けるときに仕事の手応えを感じています。DFL(Design For Logistics)という考え方があり、製品開発の段階から物流最適を考慮した設計(適正包装サイズに合わせた製品形状など)を提案し、物流費や材料費などを含めた全体コストの削減に貢献することができます。また、近年は環境負荷の低減が課題となっており、3R(Reduce,Reuse,Recycle)の考えを中心とした環境配慮型の包装設計にもやりがいを感じます。

やりがい

入社理由と入社後の感想

電子部品のような数グラムの量産品から、発電機のような数百トンの受注生産品まで、東芝グループで扱う様々な製品や技術に幅広く関わる仕事がしたく入社を希望しました。入社後約2年間は液晶モジュールの包装設計業務を担当し、その後、現在の冷蔵庫の包装設計業務を担当しています。扱う製品が異なると、設計思想や設計基準だけではなく、開発プロセスや風土も異なると感じました。多様な環境の中で多様な考え方を持つ方々と意見を交わし仕事を進める難しさはありますが、自身のミッションを常に認識・実行することが重要だと日々感じています。

これから挑戦したいこと

これから挑戦したいこと

常にお客様の立場で物事を考え、製品開発からユーザ納入までの全体工程を通して適正な製品保護と物流効率を提案できる包装技術者を先ず目指します。さらなる専門性の向上として、木材・鋼材を使用した中重量品の包装技術・ノウハウの取得に努めます。技術者として常に自らの頭で考え、新しいアイディアや解決方法があれば即座にかたちにして試しながら課題解決をしていきます。また、ゆくゆくは国内外事業所での物流オペレーション経験を積み、より多角的な視点で物事を理解して判断・実行できるようになりたいと考えます。

一日のスケジュール

  • 5:00

    起床・資源ゴミ出し・朝食

  • 7:30

    出社・メール・スケジュールチェック

  • 8:25

    ラジオ体操

  • 8:30

    始業
    部内月例報告資料の作成

  • 10:00

    試作品冷蔵庫の輸送着荷確認

  • 12:00

    昼食
    工場内の食堂にて

  • 13:00

    所属課内の定例連絡会に出席

  • 14:00

    次年度向け開発中冷蔵庫の設計審査会議に出席

  • 16:00

    包装部材の作図・出図

  • 17:15

    退社

  • 18:00

    帰宅・ランニング・夕食

  • 21:00

    読書・勉強(語学学習など)

  • 23:00

    明朝の可燃ゴミ出しの準備
    就寝

他の社員を見る