技術部門 重量品輸送設計担当 工学研究科 土木工学専攻 修 2009年入社

グループ外顧客担当

仕事内容について

仕事内容について

水処理プラント、変電所、道路、鉄道、データセンターなどの「社会インフラシステム」を動かすうえで欠かすことのできない電気設備の搬入作業計画を担当しています。電気設備の規模は扱う電気の量によってさまざまですが、単体でも1トンを超える重量品であることが多いです。業務内容は、大手重電メーカー物流専門会社ならではの、一貫した重量品輸送計画の提案です。重量物の輸送に関する機器の設計や運搬方法の選定、クレーンによる吊り荷卸し作業方法の提案など、工場からお客様のもとへ届けるまでのプロセスを一気通貫で行います。

やりがい

お客様の大切な製品を無事に届けることができた瞬間、大きな安心感と達成感を感じます。重量の大きい製品の搬入作業は、一歩間違えれば重大災害になってしまいます。そのため、仕事を受けてから実際に作業に取り掛かるまでの間、多くの時間と労力を要しながら緻密な計算・計画をしていく必要があります。たとえば関係各所との数々の調整、CAD図面を駆使しての作業方法の検討、役所の許認可取得などがあり、日程がタイトな場合は寝る時間を削って業務することもありますが、その分、大きな達成感を味わえるのも事実です。

やりがい

入社理由と入社後の感想

就職活動当初は、土木・建築業界志望であって、物流業界志望ではありませんでした。ただ、当初から工事計画に興味を持っていて、土木・建築業界の工事と少しジャンルが違う、当社の重量品輸送プロジェクトを知る機会があり、採用担当者との会話のなかで次第に興味を持ち、入社を決めました。重量品業界は知識と経験を積み重ね、日々成長をしていく世界であるため、入社から8年が経過しようとしている現在でも結構苦労が絶えないですが、失敗して次はどうしたら出来るようになるのか考える習慣が付いたと感じます。

これから挑戦したいこと

これから挑戦したいこと

当社の事業フィールドは国内だけでなく、海外でもプロジェクトを展開しています。現状では国内、それも関東と関西地区でのプロジェクトしか経験がありませんが、今後は当社の海外におけるプロジェクトに携わっていくことができるエンジニアを目指したいと考えています。

一日のスケジュール

  • 5:00

    起床・朝食

  • 5:30

    マイカーで出勤

  • 6:00

    始業、社有車に乗り搬入現場へ移動

  • 8:30

    朝礼、当日の作業内容を職人さん達に伝え、各種安全施策を全員で検討

  • 9:00

    搬入作業段取り開始

  • 10:00

    搬入作業

  • 12:00

    昼食

  • 14:00

    搬入作業終了 作業段取りを撤去開始

  • 15:00

    作業終了、社有車で会社へ戻る

  • 16:00

    次回作業の計画

  • 18:00

    退社

  • 19:00

    マイカーで少し遠回りして帰宅 最近ドライブにはまってます!

  • 20:00

    家族と団らん

  • 22:00

    早朝出社に備え就寝

他の社員を見る