海外部門 中国駐在 国際社会科学研究科 国際関係法専攻 修了 2009年入社

グループ外顧客担当

仕事内容について

仕事内容について

中国浙江省杭州市に駐在し、東芝グループならびに一般のお客様に対して高効率・高品質な物流サービスを提供しています。 杭州エリアには東芝グループが7社あり、PC、水力発電機、空調、FAN等量産品から重量品まで多様な製品を取扱っています。 私の仕事内容は営業、輸出入/倉庫業務の改善・リカバリー、社内の部門間調整など様々です。例えば、輸入部材が通関で止まり納期が遅れると生産に影響を及ぼし、エンドユーザー様へ納期を守ることが出来ません。製造や資材の方々とやりとりし一刻も早く入荷できるようリカバリーを行います。

やりがい

日本と比べて市場開拓や改善の余地が大きい海外現法で働くことは、大きなやりがいと成長の機会があります。日本にいるよりも業務範囲・権限も広く、自分で情報を拾い問題を設定・判断し、ローカルスタッフと協力して業務を動かしていくことが求められます。仮に問題が発生してもローカルスタッフと原因・対策を何度も話し合い、改善した結果、業務の効率・品質向上につながった時はやりがいを感じます。仕事への価値観や考え方が日本とは異なりますが、その分みんなで目標を達成した喜びはより大きくなります。

やりがい

入社理由と入社後の感想

就職活動はメーカーを中心に行っていたため、メーカー物流であること、海外に拠点が多く駐在のチャンスが多いと考え入社を決めました。入社後は想像していたよりも製造・販売の方々と近い距離間で仕事が出来るという印象を持ちました。会社は違えど、事業の物流部門として一緒に業務を担っているという意識を強く持つようになりました。若手の駐在のチャンスもあり、私は入社当社の思いが叶い8年目で駐在をしています。若手の社員はグローバル研修制度として海外現法に1年間研修を行う制度もあります。

これから挑戦したいこと

これから挑戦したいこと

これまで事業場での輸送・商品担当業務や経営企画部の企画部門を経験してきました。現在は海外駐在し、営業・現場改善・スタッフのマネジメントなど幅広く経験させてもらっています。今後はこれらの経験を活かし、国内・海外問わず企業のロジ設計・最適ロジサービスを総合的に企画・提案・実行出来る人材になりたいと考えています。日本はこれから人口減に突入し、新たな物流の形が求められると思います。現状のやり方に満足せず、常に新しい技術を追い最新・最適な提案が出来るよう日々学んでいきたいです。

一日のスケジュール

  • 6:30

    起床・朝食

  • 7:20

    出勤

  • 8:30

    始業・メールチェック

  • 9:00

    部内ミーティング

  • 10:00

    倉庫巡検

  • 12:30

    昼食 基本は工場の食堂で食べます

  • 13:30

    協力会社と打ち合わせ

  • 16:00

    メール問い合わせ対応

  • 18:00

    退社

  • 19:00

    近くの日本料理屋へ

  • 20:30

    二次会突入

  • 22:00

    帰宅

  • 23:00

    就寝

他の社員を見る