プロジェクト紹介 4PL業務受託プロジェクト

4PL業務受託プロジェクト

No.1 4PLカンパニーを目指し、
お客様の物流業務受託に挑む。

当社は今、「ナンバーワン4PLカンパニー」というビジョンを掲げ、事業活動を行っています。4PLは物流コンサルも含め、荷主のサプライチェーン全体に対して最適な提案をし、物流に関する経営課題を解決していく物流形態のことで、当社は4PLを切り口として外販活動を積極的に行い、物流からお客様の事業へ貢献していきたいと考えています。

今回のプロジェクトのきっかけは、物流改革に伴い、3PLだけではなく、物流戦略立案や企画管理までも含めた物流アウトソーシングを希望しているお客様がいらっしゃるという情報をキャッチできたことでした。お客様のニーズを詳細に調べたところ、私たちの目指す4PL業務そのものでしたので、この仕事は是が非でも受託したいという思いで活動を始めました。プロジェクトメンバーの経験や年齢もそれぞれでしたが、共通して言えることは、みなポジティブ。このポジティブさを武器に、お客様の事業に貢献できるサービスは何かを考えていきました。

知らないことを知る喜び

世の中にまだ浸透していない4PLやLLPの体制や業務内容をお客様に理解していただくことはかなり苦労をしましたが、事例や文献などを参考にしながら、東芝グループに貢献してきた内容を整理し、当社でできるサービスを明確にしました。

RFP(入札依頼書)にはさまざまな課題が書かれていましたが、もっと根幹にあるお客様のニーズを明らかにすることに最も力を入れました。というのもRFPに書かれている要件以外に、言葉にはなっていないニーズがあるからです。そのぼやっとしたニーズを引き出すために、お客様へ能動的に働きかけ、世の中の動向や環境からニーズを想定し、課題の解決案をまとめていきました。そうすることで、表面的ではない真のソリューションを提案でき、また、自分たちも課題を引き出していくことの楽しさを感じることができました。3PL事業の分野で、すでにお客様と取引のあった企業とタッグを組めたことも大きな利点でした。互いに足りない知見を補完し合うことができ、一回りも二回りも成長することができたと思います。

  • 業務イメージ
  • 業務風景

チームワークが最大の強み。どんな壁でも乗り越えたい。

また、今まで全く対応したことのない業種であったため、商慣習の理解にも苦しみました。時々、打合せで飛び交う専門用語が分からないことがありましたが、話の流れを遮らないためにも、後でこっそりと調べたこともありました(笑)。

一番の壁は、今まで当社で全く対応したことのない業務に対応していくことを求められていた時でした。なかなか解決の糸口が見つからず、さすがにどんよりとしたムードが漂いましたが、そのような中、若手メンバーから「知らないことを知ることはとても素晴らしいこと、だから辛くても楽しんでいきましょうよ!」という声が上がりました。その発言により、それまでの空気が一転し、皆が楽しんで取り組むようになりました。今ではその業務において社内で右に出る者はいないというレベルまで成長したメンバーもおり、また、お客様からも安心して任せられるとの言葉もいただいています。

プロジェクトを終えて

1回目のコンペで十数社から3社に絞られ、2回目のコンペで最終1社に残ることができました。
決め手は、当社のこれまでの実績と施策の実現性でした。お客様に高い評価をいただくことができ、とても充実感を感じました。今回のプロジェクトを通して改めて感じたことは、個々に役割は持つものの、立場関係なく、皆が納得するまで議論を重ねることの重要性です。年齢や役職を気にして意見をぶつけ合うことができなければ、お客様にとって一番よい提案につなげることはできなかったと思います。

このチームワークで課題を解決できたことが大きな成果であり、風通しの良さが当社の強みのひとつではないかと感じています。皆で多くの時間を要して、議論を重ねて作り上げたものが認められたことは、とても嬉しく、その日はメンバー全員で祝賀会をしました(笑)。今回受託した業務を安定稼働させることはもちろんですが、今後も新規事業の受託に向け、メンバーそれぞれが知識、コンサル力、対応力をさらに身に着け、一丸となって邁進していきたいと思います。