東芝ロジスティクス株式会社
お知らせ一覧

HOME > お知らせ一覧 > 鉄道輸送量が電機業界トップクラスに

鉄道輸送量が電機業界トップクラスに

 当社では、鉄道輸送化を主体としたモーダルシフトに取り組んでいます。2016年度の輸送量が48千トンとなり、同業他社(電機物流子会社)間において初めてトップクラスとなりました。
 2016年度は、北関東ロジセンター(千葉県柏市)から九州ロジセンター(福岡県志免町)向け照明器具商品の輸送開始、府中ロジセンター(東京都府中市)から出荷するエレベーター製品の現地直送化拡大、南関東ロジセンター(神奈川県川崎市)から北海道ロジセンター(北海道恵庭市)向け家電商品の輸送において鉄道輸送を拡大等したことにより、前年度比130%の伸長で達成しました。
 今後は、500km以上走行するトラック輸送の鉄道転換を重点的に進めることにより、コスト面と環境負荷低減面の両面からお客様へ貢献できる鉄道輸送化を推進し、 更なる鉄道輸送量の拡大に努めていきます。


弊社鉄道輸送に関するサービス詳細はこちらです。
http://www.toshiba.co.jp/logi/service/solution/network/transport.html


◆本内容は月刊マテリアルフローにも掲載されました。
URL:http://www.mf-p.jp/news_3pl/205.html
 
お問い合わせ
このページのトップへ

東芝トップページ | 個人情報保護方針  | サイトのご利用条件

Copyright