東芝ロジスティクス株式会社
お知らせ一覧

HOME > お知らせ一覧 > ロジスティクス全国大会2017にてロジスティクス大賞 技術活用賞の受賞講演を実施

ロジスティクス全国大会2017にて
ロジスティクス大賞技術活用賞の受賞講演を実施

 10/27(金)、JPタワーホールにて「ロジスティクス全国大会2017」(主催:公益社団法人ロジスティクスシステム協会 参加者約200名)が開催され、当社は「2017年度ロジスティクス大賞 技術活用賞 テーマ:ウエアラブルデバイスを活用した飛躍的な倉庫内作業改善」の発表と表彰式に参加しました。
 「ロジスティクス大賞」は、ロジスティクスの社会的浸透と、ロジスティクス部門関係者の意識高揚を図ることを目的に創設され、企業で行われているロジスティクス高度化への取組みと、その優れた実績を顕彰するものです。
 当社では、活動量計を使用したセンシング技術を物流現場に取り入れ、生産性向上に活用しています。この技術ではウェアラブルデバイスを活用し、作業者に負荷をかけずに効率的に大量の作業実績データを取得することができます。これにより生産性を継続的に改善することが可能となります。
 本大会では、このようなセンシング技術やAIを活用した取り組みが評価されました。今後も最新技術を活用した倉庫内作業改善に取り組んでいきます。

技術活用賞 受賞式
ロジスティクス全国大会2017 発表


♦「2017年度ロジスティクス大賞 技術活用賞 テーマ:ウエアラブルデバイスを活用した飛躍的な倉庫内作業改善」については以下を確認ください。
http://www.toshiba.co.jp/logi/release/170904.html

♦本取り組みに関するお問い合わせは以下までご連絡ください。
TL-LogiInfo@ml.toshiba.co.jp

お問い合わせ
このページのトップへ

東芝トップページ | 個人情報保護方針  | サイトのご利用条件

Copyright