東芝ロジスティクス株式会社
お知らせ一覧

HOME > お知らせ一覧 > 「全日本物流改善事例大会2018」で「物流合理化賞」を受賞

「全日本物流改善事例大会2018」で
「物流合理化賞」を受賞

 当社は、日本ロジスティクスシステム協会と日本物流資格士会が主催する「全日本物流改善事例大会2018」において「物流合理化賞」を受賞しました。
 「全日本物流改善事例大会2018」は物流における改善合理化のノウハウを相互に発表し、物流改善活動のヒントを共有しようとするもので、5/15(火)と5/16(水)の2日間にわたり御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター(東京都千代田区)にて開催、25件の優れた物流改善事例が発表されました。
 当社からは、三重ロジセンター(三重LC)が出場、「重量物取り扱い職場における女性活躍推進」を発表し、「物流合理化賞」に選ばれ、6/29(金)に表彰を受けました。発表内容は、フォークリフト、玉掛けなどのクレーン操作の訓練・教育を実施し、女性の多能工化を推進する職場体制・環境整備、また安全対策・効率改善を実施し男性に頼らず女性が活躍できる職場環境作りの活動についてでした。
 審査員からは「科学的なアプローチによって現状把握から企画、実行、評価まで明快なストーリーが描かれ、非常に汎用性の高い優秀事例」、「今回は女性視点であったが、シニアや派遣社員など、誰にとっても働きやすい職場作りを目指すのに応用できる」と評価されました。弊社は引き続き、多様な人材が活躍できる”ダイバーシティ”な職場・環境作りを推進していきます。

表彰式の写真 表彰状の写真
三重ロジセンターメンバー(向かって右)
表彰式にて
物流合理化賞 表彰状
お問い合わせ
このページのトップへ

東芝トップページ | 個人情報保護方針  | サイトのご利用条件

Copyright