国際物流 北米

お問い合わせ CONTACT

北米

北米における広範なロジスティクスソリューションの提供

当社は、米国の海外現地法人として、2004年に東芝ロジスティクス・アメリカ社を設立し、現在、カリフォルニア・アーバインに本社を構え、フラートン倉庫、東海岸のシャーロット、ピッツバーグ及びメキシコとの国境に近いエルパソに拠点を構え、トータルロジスティクスソリューションサービスの提供をしています。
日本・アジア・中国・欧州の当社および海外現地法人の各拠点を活用した国際間物流はもとより、アメリカでのセキュリティを確保した倉庫業務サービス、当社パートナーとの連携による全米をカバーする国内輸送や隣接するカナダ及びメキシコとアメリカ間の輸送サービスも提供しています。 取扱い製品は、電子部品から重量品まで広範囲にわたり、それぞれの製品特性、お客様の要望、関連法令に応じた最適、廉価かつ安全なロジスティクスサービスを提供しています。

BASE北米事業拠点

FEATURE特長

華北(東芝ロジスティクス大連社)

FEATURE01

重量品のエンジニアリング力を活かしたプロジェクトカーゴロジスティクスサービス

東芝ロジスティクス・アメリカ社は、当社海外現地法人の中で唯一超重量品のプロジェクトカーゴを専門に取り扱うチームを設け、プロジェクトマネージャーとロジスティクスエンジニアが連携し、輸送計画立案、プロジェクト管理を行い、輸送サービスだけではなくグローバルネットワークを活かしたプロジェクトロジスティクスサービスを提供しています。
アメリカ国内の輸送は、低コストとなるよう発地側お客様の製品設計段階における製品・梱包設計にも関与させて頂き、米国関連法令準拠、安全・品質を確保した輸送はもちろんのこと、エンジニア力を駆使した最適輸送をご提案しています。
また、広範に及ぶプロジェクトカーゴにおける輸出入オペレーションでは、当社及び関連する海外現地法人のフォワーディングチームと連携した輸送手配、スケジュール、計画の進捗状況や貨物動静情報のタイムリーな提供、更に、通関を含むトレードコンプライアンスサービス、輸出入書類作成サポート等を行っています。

華中(東芝ロジスティクス上海外高橋社)

FEATURE02

グローバルサプライチェーンにおけるセキィリティの確保・コンプライアンスサービス

東芝ロジスティクス・アメリカ社は米国税関国境警備局(CBP)のC-TPATプログラム(Customs-Trade Partnership Against Terrorism)に参加し、優良企業のみに与えられる最上位レベルのTier3認証、また、輸入者自己監査プログラム(ISA:Importer Self-Assessment)の認証も取得しています。
最適なサプライチェーンマネジメントサービス提供のため、これら認証を保有、活用し貨物のセキュリティ維持・確保、円滑な輸出入通関サービスを提供しています。
C-TPATは米国におけるテロ行為防止のための税関・産業界提携プログラムで、日米間ではAEOとC-TPATが相互承認されており、日本のAEO企業の輸出貨物は米国で輸入通関する際に検査率の軽減や手続き迅速化等の優遇措置を受けることができます。
また、米国法に準拠した厳格な輸出入管理、変化の激しい国際情勢・関連法令に関するトレードコンプライアンスサービスも提供できるように、自社通関サービスも提供しております。 更に、お客様の要望に応じ、C-TPATや輸入者自己監査プログラム(ISA:Importer Self-Assessment)の認証取得サポートも行っています。

ダミー

FEATURE03

広範な視点によるサプライチェーンの最適化

東芝ロジスティクス・アメリカ社は、経済大国のアメリカにおいて刻々と変化する貿易政策や経済情勢を敏感に捉える一方、社員一同が日頃から積極的にお客様とのコミュニケーションを大切にし、様々なご要望、お困りごとを的確かつ迅速に捉え、最適なサプライチェーンのためのロジスティクスサービスを展開しています。
特に、最近では目まぐるしく変化する貿易政策へ的確・迅速に対応し、従来の輸送、保管、品質管理、IT等ロジスティクスサービスやソリューションに加え、トレードコンプライアンスの知見を融合した保税スキームを構築し、お客様のニーズにお応えする等、広範な視点によるサプライチェーンの最適化に取り組んでいます。

提供サービス

  • 倉庫管理
  • 国際貨物輸送
  • 国内輸送
  • 通関
  • トレードコンプライアンス (輸出入・貿易管理)
  • 物流エンジニアリング、物流コンサルティング