物流コンサルティング

お問い合わせ CONTACT

物流コンサルティング

事業戦略からロジスティクスを考察し、
抜本的なロジスティクス改革を提案

ロジスティクス戦略の設計には、物流拠点の配置や物流ネットワークの構築、BCP対応方法などロジスティクス領域における専門知識が必要とされています。当社の物流コンサルタント(4PLスペシャリスト)が、東芝グループのロジスティクスを上流から下流まで改善してきた経験を元に、お客様の事業戦略を効果的に進めるための解決策をご提示いたします。

物流コンサルティングでは、4PLとは異なり、ロジスティクス戦略を現場にまで落とし込む「実践/共創」の要素は含まれておりません。

STRATEGY 戦略と改革提案

お客様の事業を支えるロジスティクスの課題について顕在化し、ロジスティクス改革がもたらす経営指標の変化を提示します。そして、お客様の事業戦略におけるロジスティクスを最適化に導きます。

  • 可視化

    ロジスティクスのマクロ・ミクロ両方の視点で、コストや課題を可視化します。

    • 1.マクロ視点:国内外の物流コストや物流フロー、単位あたり物流コストなど。
    • 2.ミクロ視点:活動量計を使った倉庫現場の生産性の可視化など。
  • 施策立案

    顕在化させた課題を解決させるため、物流ネットワークの設計や在庫配置バランスの改革など、ロジスティクスの視点に基づいた施策を立案します。また、DFLの観点から物流コストに大きく影響する包装設計を提案し、SCM強化につなげていきます。

  • 知見拡充

    他社のベンチマークや先進事例の分析も、ロジスティクス設計に欠かせません。最新のロジスティクス動向、最新技術の調査・研究を行い、ロジスティクス戦略に必要な、確かな知見を、お客様へ提供いたします。

  • 施策実行支援

    ロジスティクス戦略に基づく施策の実行支援を行います。パートナー企業選定に必要なRFP作成や、提案内容の審査・提言も提供可能です。また、お客様のロジスティクス戦略を描く人材の教育もご支援いたします。

「4PL」と「物流コンサルティング」の
違いとは?

「4PL」と「物流コンサルティング」は、経営戦略に基づいて物流を改革するという点では同一です。しかし、4PLがお客様と共に継続的な課題解決に取り組んで共創するのに対し、物流コンサルティングは短期的な課題の洗い出しと、解決のための施策をご提案するという違いがあります。

お客様の抱えるロジスティクスの課題により、適したものが異なりますので、お気軽にご相談ください。

よくある質問

サプライチェーンの効率化にはどのように取り組んでいますか。

ロジスティクスの課題の顕在化により、ムダのない調達から製造、販売までの仕組みをつくります。

物流コンサルティングをお任せした場合、どのように戦略を立案していただけますか。

定期的な会議とロジスティクスレポートの作成を行い、PDCAを回しながらお客様と共に戦略の企画を実施いたします。