スマート物流

お問い合わせ CONTACT

スマート物流

ロジスティクスの自動化を見極め、最新技術を現場へ

当社は、東芝グループ会社をはじめ、企業や研究機関と連携し、ロボティクスやAI、センシングなどを活用したロジスティクスの自動化技術の研究開発をしています。 これらの先進技術の導入により、ロジスティクスの見える化と、物流センターの自動化を支援し、スマート物流を実現します。

SOLUTIONこんなお悩みはありませんか?

慢性的な人手不足や、サプライチェーンの複雑化を背景に、ロジスティクスに関わる業務の自動化が必要とされてきています。一方で、先進技術の導入は多大なコストを要することもあり、費用対効果を見極め、適切な技術・サービスを導入する知見も重要です。

  • 慢性的な人手不足

    慢性的な人手不足

  • サプライチェーンの複雑化による在庫把握が困難

    サプライチェーンの複雑化による
    在庫把握が困難

  • 自動化を進めたいが何から着手すべきか判らない

    自動化を進めたいが
    何から着手すべきか判らない

FEATURE東芝ロジスティクスの
「スマート物流」で解決できます

グローバルサプライチェーンの在庫状況を見える化

FEATURE01

スマート倉庫を実現しオペレーションを効率化

慢性的な人手不足は、自動倉庫、AVG、無人フォークリフトおよび自動ピッキングロボットなどのマテハン機器の導入により、オペレーションを自動化して解消できます。これらの機器の導入に際しては、東芝グループ会社が保有する先進技術はもちろんのこと、グループ外のパートナー企業製品も積極的に活用。特定のメーカーや技術に偏ることなく幅広い選択肢の中から公正に判断し、物流現場の効率化を実現します。

物流のプロフェッショナルがサポート適正在庫でキャッシュフローを創出

FEATURE02

在庫と物の動きの可視化

サプライチェーンのグローバル化に伴い、常に変動する製造から販売に至る各物流工程(保税倉庫や海上輸送中も含め)における在庫把握が重要な課題となっています。また、物流センターにおける入出庫計画や、配車計画は、現場の負荷軽減のためにも緻密さが求められています。 当社は、サプライチェーン上の在庫を把握するグローバルSCM(見える化)システムと、配車システムまで含んだWMS(倉庫管理システム)を活用し、世界規模から倉庫の棚単位まで、緻密な在庫や物の動きの可視化を実現します。

物流のプロフェッショナルがサポート適正在庫でキャッシュフローを創出

FEATURE03

ロジスティクスの実務を踏まえた技術コンサルティング

物流現場の自動化を実現するためには、自動化すべき作業工程を費用対効果の面から見極めることが重要です。当社では、お客様のスマート物流導入における効果を算出するため、過去の物流実績から自動化シミュレーションを実施し、どの工程を自動化すべきかをデータとロジスティクスの知見に基づき提案します。

FUNCTIONSスマート物流活用例

自動倉庫による少人化・省スペース化

自動倉庫は、歩行や運搬が多いピッキング・格納作業での少人化、上部空間を活用した省スペース化に効果的です。また深刻化する労働力不足への解決策にもなります。一方、投資対効果の見極めや、効果を最大限に引き出すオペレーションの設計が重要になってきます。当社では、電子デバイス機器や医療品での自動倉庫導入・運用の実績をもとに、導入前の効果検証から導入スケジューリング、オペレーションの構築まで幅広くサポートします。

AIを活用した配送計画の最適化

配送計画の自動作成や、トラックの稼働状況を踏まえた適切な台数の割り出しなどにAIを活用し、作業員の工数を最小化します。

グローバルSCM(見える化)

グローバルでの各工程の在庫をリアルタイムに把握。適正な在庫量の算出と、維持に貢献します。

活動量計を用いた倉庫内作業の可視化

リストバンド型の活動量計に装備されているセンシングを利用し、倉庫内の作業員の動作を自動で収集します。作業員の作業実績データと標準工数のギャップを検証することで、 倉庫内の作業効率の向上を図ります。

よくある質問

「スマート物流」の導入実績について、これまでどういった業界に、どのような技術を導入してきましたか?

医療用品、電子部品メーカーへの自動倉庫の導入実績があります。また、倉庫内作業には、重量検知カートを採用。カートに付属する高精度の測定機器により、仕分けミスが10万分の1以下にまで抑えられます。