WMS(倉庫管理システム)

お問い合わせ CONTACT

WMS(倉庫管理システム)

データに基づいた物流管理の最適化で
機動力の高いIT物流センターを構築

当社の「WMS(倉庫管理システム)」は、ローコスト、効率化を追求し、お客様のオペレーションを最適化するため、様々なプロセスを実現するシステムです。複数の物流拠点の在庫状況を可視化すると共に、配車、庫内作業指示までを、全てシステムで管理。さらに、入出荷計画と過去の実績データをもとに、効率的な作業ワークフローを設計し、スピーディで正確な物流センター運営を実現します。

SOLUTIONこんなお悩みはありませんか?

少子高齢化を背景に、人手不足は、ロジスティクスの現場においても例外ではありません。配送の小口化・多頻度化も相まって、トラックドライバーが不足し、配送トラックの確保が、年々難しくなっており、事前の予測に基づく物流計画や、共同配送が重要視されています。また、配送の起点となる物流センターは、ロジスティクスのサービスレベルを維持するため、機械化・自動化によるさらなる高度化が求められています。

  • 入出荷量の集中で作業が停滞する

    入出荷量の集中で
    作業が停滞する

  • 庫内作業の生産性を高めたい

    庫内作業の
    生産性を高めたい

  • 在庫精度を高めたい

    在庫精度を
    高めたい

FEATURE東芝ロジスティクスの
WMS(倉庫管理システム)で解決できます

出庫時間から逆算したスケジュール管理

FEATURE01

出庫時間から逆算した
スケジュール管理

入出荷の作業が集中すると、荷卸しや積み込み作業が停滞し、トラックを待たせることとなり、配車計画に悪影響を与えます。当社の「WMS(倉庫管理システム)」は、入出荷・輸配送の実績情報などをもとに、各種分析やシミュレーションで作業ボリュームや必要なトラック数を算出。予定情報に基づいた人員配置や荷役の作業計画を構築し、出庫時間から逆算したスケジュール管理で、倉庫内における荷物の滞留やトラックの出発遅延を防止し、「待たせない物流センター」を実現します。また、TMS(輸配送管理システム)機能と連動し、早期のトラック確保が可能です。

作業の最適化

FEATURE02

作業の最適化

作業効率を高めるため、個人の経験に頼らない作業の標準化・最適化を実現します。蓄積されたデータをもとに、出荷頻度に合わせた効率的なロケーション設計を組み合わせることにより、庫内作業の生産性を高めます。またピッキング順にあわせたルート順に出荷ラベルやハンディターミナルなどのツールを総合的に組み合わせて、出荷時の人的ミスを防ぎ、正確で迅速なピッキング作業を実現します。

「見える化」による在庫の最適化を支援

FEATURE03

「見える化」による在庫の最適化を支援

単一拠点の在庫状況だけではなく、複数拠点や輸送中の「在庫量」もトレース。グローバルでの在庫状況を可視化し、リードタイムを勘案した適正在庫を実現できます。過去の出荷データをもとにした予測情報と組み合わせることにより、欠品と過剰な在庫によるキャッシュフローの悪化を防ぎます。

FUNCTIONS主な機能

データ受信

EDI(受発注・出荷・請求などの電子データ交換)を具備して、お客様とのインターフェースを柔軟に構築します。

入荷作業計画

入荷検品や格納ロケーションの指示をします。
FIFO(先入れ・先出し)・製品ロット管理・出荷頻度に応じたロケーション指定など、様々な商品管理の特性に応じた在庫管理が可能です。

在庫

複数拠点の在庫状況を可視化して、在庫配置計画をサポートします。倉庫間・倉庫内ロケーション間の移動作業も、最適な移動指示により、作業を効率的に行えます。

出庫作業計画

最適な輸送手段の選定や車両別・届け先別などオーダー単位にあわせたピッキング指示を計画。積み込み時間をキーとした作業の優先順位の判定や最適梱包指示などにより、作業の平準化を指向した出荷作業をサポートします。

管理・分析

作業管理にかかるデータ管理以外にも、需要予測や、物流KPI、在庫計画、要員管理などの分析を行います。

管理・分析

※H/T...ハンディターミナルの略

PRICEご利用料金

ご利用機能やご利用内容に応じて、ご提供価格が変動致しますので、お問い合わせください。

よくある質問

セキュリティ対策について教えてください。

サーバ・インフラともにセキュリティを二重化し、グローバル化するロジスティクスにおける情報漏えいリスクを最小限に抑えています。

カスタマイズは可能ですか?

業務内容や業種に合わせたカスタマイズが可能です。詳しくは、お問い合わせください。

eコマースに対応していますか?

対応しています。多量の商品に対応したピッキング機能や、宅配業者とのシステム連携も可能です。