TOPICSDFL視点から最適な包装設計をご提案 ロジコストの最小化を実現

3PLとは?メリットとデメリット

DFL(Design for Logistics)の概念を利用し、製品設計から企画・設計・製造部門と共創し、最適な包装設計を提案することでロジ効率を劇的に向上させトータルロジコストの低減を実現します。

ポイント

  1. 専門組織と専用設備でお客様の価値創りを共に推進
  2. ロジ視点から製品設計まで遡った改善施策の提案が可能
  3. 豊富な実績に基づきロジ工程全てを分析・評価し、製品品質の確保とロジコスト削減を提案

東芝製品で培った最適な包装設計・提案

近年ドライバー不足や倉庫内作業員の高齢化・労働力不足、小口貨物物量の増大により、輸送における積載率向上はどの企業でも課題になっています。 DFLのコンセプトは、DFM(*)の手法から生まれたもので、生産・製造・調達輸送・保管・荷役・輸送など全てのロジコスト抑制を製品の企画・設計段階から取り入れる事を目指す取組みです。
 当社は、数グラムの半導体から3,000トン級の重量物の東芝製品または東芝以外のお客様との取引実績で培ったノウハウを活用し、業界問わず製品設計から企画・設計・製造部門と共創しロジスティクス目線のあらゆる角度から包装評価を行い、最適な包装設計・提案を実現しロジ効率を劇的に向上させトータルロジコストの低減を実現します。
 (*)DFM…Design for Manufacturability 製造のしやすさを考慮した設計手法
 DFLの取り組みにより、次の効果が期待できます。

  • ・ロジ視点による製品設計の最適化
  • ・全ロジ工程のコスト削減
  • ・論理値に基づく製品の品質確保とロジ効率の向上

事例

  1. エスカレータのコンテナ積載率を向上

    お客様の「製品設計・製造部門」と当社「包装設計・営業部門」が綿密に連携、ロジスティクス視点から製品設計に参加し、輸送機器に合わせた製品分割位置の設計変更や、輸送/保管効率最適化を実現する量産品の製品サイズ/包装仕様を提案しました。コンテナ2本を1本にまとめることでコストが50%削減できました。

  2. エスカレータのコンテナ積載率を向上
  3. 照明器具の包装容積を削減し、トータルロジコストを30%削減

    DFL提案による製品の薄型化が採用されました。平置き、縦置き可能な包装開発し包装部品点数削減による作業性が改善されました。これにより、ロジコスト30%削減、倉庫保管効率が50%もアップしました。

  4. 照明器具の包装容積削減