トップページ > 比吸収率(SAR)について
Toshiba Mobile Phone

比吸収率(SAR)について

比吸収率(SAR:Specific Absorption Rate)とは、人体が電波にさらされることによって単位質量の組織に単位時間に吸収されるエネルギー量のことです。携帯電話機など人体頭部のそばで使用する無線機器から送出される電波の影響を評価するためには、人体局所の任意の組織10gにわたり平均した局所SARが用いられ、平成9年に局所SARが2W/kgの許容値を超えないことという指針が設けられました。この許容値は世界保健機関(WHO)と協力関係にある国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)が示した国際的なガイドラインと同じ値です。この許容値は、使用者の年齢や身体の大きさに関係なく十分な安全率を含んでいるので、この値を超えたからといって、それだけで人体に影響を及ぼすものではありません。電波産業会では平成11年に局所SARに関する民間規格を定めており、さらに平成14年6月からは総務省令によって、携帯電話端末等の無線設備は、上記局所SARの許容値を満たすことが法的に義務づけられました。

各機種のSARについて

au
NTT DoCoMo
SoftBank

SARについての詳細情報

総務省 au by KDDI NTTドコモ ソフトバンク