パワフル発電の東芝

カラー表示器

専用カラー表示ユニットなら、かんたん操作でリアルタイムに発電状況を確認。

専用のモニターを使うと、発電状況の情報をリアルタイムでかんたんに確認できます。電力を身近に感じられるので、家族のエコ意識もアップします。

*ご使用の際には専用のACアダプタが必要です。また通信距離の目安は見通し50mです。

タッチパネル TPD-PPMR2-A-SET ボタン操作 TPV-CM003A
  • 販売終了品はこちら
カラー表示器 TPD-PPMR2-A-SET
カラー表示器 TPD-PPMR2-A-SET

タッチパネルで
かんたん操作

余剰買い取り
方式専用

実績データを
USBメモリに保存可能

※データはCSV形式です。
※本製品にUSBメモリは付属されていません。

日間・月間・年間の
実績をチェック

パワーコンディショナの
運用履歴を表示

3パターンの
画面表示が可能

カラー表示器 TPV-CM003A

全量買い取り
方式専用

カラー表示ユニットは
合計5台※4まで接続可能

実績データを
パソコンに保存可能

※データはCSV形式です。

現在の発電量が
ひとめでわかる

日間・月間・年間の
実績をチェック

パワーコンディショナの
運用履歴を表示

3パターンの
画面表示が可能

カラー表示器

パソコンに接続すると、発電量などのエネルギーレポートを管理できます。
PCツールのダウンロード 仕様はこちら
私が太陽光発電システムを導入した理由
モニターで使用量を確認するのが日課です♪

南向きの屋根が決め手で太陽光を設置。
モニターチェックが毎朝の習慣です。

5年前に家を新築したころは、太陽光発電についての興味は低かったんです。しかし今の時代、やっぱり電力も資源も大切ですよね。わが家は偶然、南向きの屋根で太陽光に適していることもあり、設置を決断しました。東芝製を選んだのは、なにより発電力のパワフルさに尽きます。

続きはこちら

トータルで36,477円のメリット
※1 北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力、淡路島南部地域を含む出力制御適用地域に設置する場合は一般送配電事業者への確約書の提出が必要です。出力制御適用地域は、一般送配電事業者からの出力制御をする際に別途インターネット環境が必要になります。
※2 インターネットへの接続には、別途プロバイダ(インターネット接続業者)との契約が必要です。利用には、プロバイダ利用料が別途必要となります。サービス内容や費用については、各プロバイダにお問い合わせください。
※3 エネルギーレポートをダウンロードするには、パソコンに専用のPCツールをインストールする必要があります。
※4 複数台接続する場合はカラー表示ユニットと専用ACアダプタなどのオプション品を購入する必要があります。計測ユニットとカラー表示ユニットの通信距離は電波の混信状態、妨害波状態や建物の構造など(RC、鉄筋、鉄骨など)使用する外部環境によって異なります。通信距離の目安は障害物のない場所で見通し50mです。無線通信をご利用いただけない場合は有線通信にてご利用いただけます。有線通信の最大接続台数は1台です。
● ご使用の際には専用のACアダプタが必要です。
● 本機は計量法上の特定計量器ではなく、電力会社の売電電力量算定には別の計器が使われることと、本機での計算・表示上の四捨五入処理から、電力会社の算定する売電電力量とは異なり得ます。
● 画像はイメージです。実際の仕様とは異なる場合があります

03-5352-7657

03-5352-7623