製品

製品概要

私たちが提供するQKDシステムには2つのモデルがあります。ひとつはデータ通信用光ファイバーを共用する多重化モデル。もうひとつは鍵配送の速度と距離を最大化した長距離モデルです。

ラインアップ

多重QKDシステム

多重QKDシステム

詳しく読む

長距離QKDシステム

長距離QKDシステム

詳しく読む

多重QKDシステム

多重QKDシステムは、データを運ぶ光ファイバーを共有した運用ができ、それにより高価なQKD専用ダークファイバーが不要となります。量子チャンネルにOバンドを使用することで、データ通信チャンネルにCバンドを利用できます。ファイバー・ペアで一方向通信とするか、あるいはファイバー一本で双方向通信とするか、いずれかを通常モードで動作できます。

多重QKDシステム

おもな特徴:

  1. 鍵配送速度(typical):10dBロスあたり40kb/s
  2. 鍵配送距離:最大70km
  3. 光ファイバー所要:1本、あるいは2本
  4. 顧客データのCバンド多重化をオプション
  5. おとり状態および位相変調方式を使った高効率BB84プロトコル
  6. 10-10     未満程度の鍵故障率(30,000年に1回未満相当)
  7. 独自の自己分別機能付き半導体検出器

長距離QKDシステム

長距離QKDシステムは、Cバンドに量子チャンネルを割り当て、可能な限り長距離かつ高速な鍵配送を狙ったものです。能力が限定されますが、Cバンド内でデータ多重化も可能です。

長距離QKDシステム

おもな特徴:

  1. 鍵配送速度(typical):10dBロスあたり300 kb/s
  2. 鍵配送距離:最大120km
  3. 光ファイバー所要:2本
  4. おとり状態および位相変調方式を使った高効率BB84プロトコル
  5. 10-10     未満程度の鍵故障率(30,000年に1回未満相当)
  6. 独自の自己分別機能付き半導体検出器

製品仕様

多重システム 長距離システム
鍵配送速度 40 kb/s @ 10 dB loss 300 kb/s @ 10 dB loss
鍵配送距離
(高品質SMファイバー使用時)
70 km 120 km
光ファイバー所要 1本、あるいは2本 2本
多重化 Cバンドに多重化可能 -
鍵交換プロトコル おとり状態および位相変調方式採用高効率的BB84プロトコル
セキュリティ・パラメーター 鍵故障率:< 10 -10
検出技術 独自の自己分別機能付き半導体検出器
外形寸法 標準19"ラックマウント、 3U サイズ
トップに戻る