東芝の量子暗号通信

量子暗号通信とは

多くの機密データがクラウドのような遠隔のコンピューター・サーバー上に保管されることになり、こうしたネットワーク上のデータへのアクセスを保護することが重要な課題となっています。データ通信の安全性は、ネットワーク上で送受信される情報の暗号化方法に依存します。

イメージ

量子暗号通信(Quantum Key Distribution: QKD)は重要な機密データを保護するための暗号鍵を配信するために使用されます。

量子暗号通信では、光ファイバー上で、暗号鍵を光子(光の粒子)に乗せて伝送します。光子が何かに触れると、必ず状態が変化するという量子力学的な性質を利用して、第三者による鍵の盗聴を確実に検知することが可能です。

イメージ

量子暗号通信を導入することで、量子コンピューター時代においても、サイバー攻撃の脅威からデータ通信基盤を保護し、データを安全に利用、長期保存できるようになります。

今後は、量子暗号通信技術の医療分野への適用、公共機関向けの個人情報通信や、金融機関向けの銀行ネットワークセキュリティへの適用も期待されています。IoTおよびスマートシティの時代に、日常生活を混乱に陥れる盗聴や改ざんを防ぐ強固なデータ通信基盤を築くために、量子暗号通信は不可欠なものとなるでしょう。

トップに戻る