japan

環境活動

環境基本方針

地球と調和した人類の豊かな生活

株式会社東芝 研究開発センターは、東芝グループが環境ビジョン2050で掲げる
「地球と調和した人類の豊かな生活」
に向けて、東芝グループの事業全般に関わる、優れた環境調和型の製品や技術の研究開発を通じて社会に貢献することを目指します。そして、 “かけがえのない地球”を健全な状態で次世代に引き継いでいくために、低炭素社会、循環型社会、自然共生社会を目指した環境経営を積極的に推進し、持続可能な社会の実現に貢献します。

環境経営の推進

環境に関する法的要求事項および東芝グループの環境基本方針を遵守することを基礎として、研究開発および事業場運営に関わる環境側面の生物多様性を含む環境影響評価を行い、環境負荷の低減、汚染の予防などに関する環境目的、目標を設定し、従業員等関係者全員で推進します。
環境パフォーマンスを向上させるため、監査の実施や活動のレビューにより、環境マネジメントシステムの継続的な改善を図ります。

環境調和型の製品・技術の研究開発推進と事業場運営での環境負荷低減

地球資源の有限性を認識し、研究開発、事業場運営の両面から有効な利用、活用を促進する以下の施策を展開し、環境負荷および環境リスクを低減するとともに環境保護に努め、新しい豊かな価値の創造に取り組みます。

  1. エコテクノロジーの研究開発推進
  2. 有害化学物質排出量の削減
  3. エネルギーの節減および有効利用
  4. 廃棄物の排出量削減と最終処分率の低減

地域社会の一員として

優れた環境調和型の製品や技術に必要な研究開発の推進に加え、地域・社会との協調連帯により、環境活動を通じて社会に貢献します。
相互理解の促進のために、積極的な情報開示とコミュニケーションを行います。

− この環境基本方針は、所内全従業員等に周知するとともに、外部の人にも開示します −

2017年4月1日
株式会社 東芝
研究開発センター 所長
堀 修


  • 「研究開発センター」のトップへ
  • このページのトップへ