japan

東芝トップページ > 企業情報 > 研究開発・技術 > 研究開発センター > 研究開発ライブラリ > 国立がん研究センター研究所とマイクロRNAを用いたがん検出技術の開発を開始

ナノ材料

国立がん研究センター研究所とマイクロRNAを用いたがん検出技術の開発を開始

2019年08月26日

研究の対象

本研究は、国立がん研究センターで承認された研究課題 2017-044「血清中マイクロRNAによる疾患横断的早期診断技術開発研究における前向き検証研究」で、既に研究協力に同意いただいた方のみを対象とし、株式会社東芝及び国立がん研究センター研究所における解析技術を用いて研究開発を行うものです。2017年7月20日〜2019年7月19日の間に登録された方を対象とします。

研究の目的

がんを判別する血液中マイクロRNA等を解析し、標的となる分子を同定し、そのアルゴリズムを作成、検証することを目的とします。収集された血清をもちいて共同研究関連施設で血液中マイクロRNA等の測定を行います。また同対象者の匿名化された臨床情報(年齢・性別・がん罹患関連情報など)をもちいてがんと関連するマイクロRNAの同定及び判別アルゴリズムの作成・検証を試みます。

研究実施期間:研究許可日から2022年3月31日まで

この研究は、株式会社東芝との共同研究にて行われます。

研究に用いる試料・情報の種類

被験者検体:
血清
臨床情報:
年齢・性別・がん罹患関連情報など 氏名、生年月日、カルテ番号など個人が特定されうる情報は、既に過去研究にて登録済み、かつ速やかに匿名化番号と置き換えて取り扱い、共同研究施設間での検体や情報のやり取りは、匿名化番号によって行うため、個人情報の流出可能性はございません。

外部への試料・情報の提供・公表

共同研究関連施設より提供された試料・情報を共同研究関連施設外へ提供する予定はありません。有望なバイオマーカー候補となるマイクロRNA等が見つかった場合には、専門学会への発表、論文化を通し公表されます。

研究組織

国立がん研究センター研究所 細胞情報学分野 山本雄介
株式会社東芝 研究開発センター フロンティアリサーチラボラトリー 橋本幸二

お問い合わせ先

本研究に関するご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。
ご希望があれば、他の研究対象者の個人情報及び知的財産の保護に支障がない範囲内で、研究計画書及び関連資料を閲覧することが出来ますのでお申出下さい。
また、試料・情報が当該研究に用いられることについて、患者さんもしくは患者さんの代理人の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、下記の連絡先までお申出ください。この場合も患者さんに不利益が生じることはありません。

<照会先および研究での利用を拒否する場合の連絡先>
山本 雄介
国立がん研究センター研究所 細胞情報学分野 主任研究員
〒104-0045 東京都中央区築地 5-1-1
TEL:03-3542-2511(代表) FAX:03-3543-9305

<研究責任者>
山本 雄介
国立がん研究センター研究所 細胞情報学分野 主任研究員
〒104-0045 東京都中央区築地 5-1-1
TEL:03-3542-2511(代表) FAX:03-3543-9305

<研究代表者>
山本 雄介
国立がん研究センター研究所 細胞情報学分野 主任研究員
〒104-0045 東京都中央区築地 5-1-1
TEL:03-3542-2511(代表) FAX:03-3543-9305


  • 「研究開発センター」のトップへ
  • このページのトップへ