japan

東芝トップページ > 企業情報 > 研究開発・技術 > 研究開発センター > 研究開発ライブラリ > 「量子イノベーションイニシアティブ協議会」への参画について

情報通信プラットフォーム

「量子イノベーションイニシアティブ協議会」への参画について

2020年07月30日
株式会社東芝

当社は、国立大学法人東京大学(東京都文京区、総長:五神 真 以下,東京大学)が設立する「量子イノベーションイニシアティブ協議会」(以下、QII協議会)に参画します。両者が持つ量子コンピューティング分野における先端技術や知見を結集し、確固たる基盤技術の確立と早期の社会実装を目指します。当社は、これらの技術の社会実装を通して国内外が抱える課題を解決し、社会の持続的成長に貢献してまいります。

QII協議会は、量子コンピューティングを実現する科学技術イノベーションを日本国内において独自のかたちで集結させ、量子コンピューティングのためのエコシステムを構築することで戦略的に重要な研究開発活動を強化し、産官学協力のもとに我が国全体のレベルアップと実現の加速化を図り、広く産業に貢献する目的として設立されるものです。

量子技術は、将来の社会に大きな変革をもたらす革新技術として位置づけられ、世界的に関心が急速に高まっています。当社は、これまでも量子技術の研究開発に精力的に取り組んできました。
量子暗号通信では、この分野におけるトップランナーとして、実環境下で世界最高の鍵配信速度を達成(注1)し、国内外で実証試験(注2)を進めるなど、今年度中の事業化を計画しています。
また、量子理論に着想を得た新たなアルゴリズムによって瞬時に最適解を見つける、シミュレーテッド分岐マシン™の開発も進めており、金融取引における世界最速のコンセプト実証機を実現(注3)するとともに、トライアル版をクラウド上に公開(注4)しました。本技術も今年度中の事業化を計画しています。

当社は、QII協議会への参画により、当社が推進するハード、ソフトの両面での量子技術の先端研究開発を一層強化するとともに、産官学の叡智を集め量子技術研究と社会への導入研究を加速し、量子技術をSociety5.0に実装することを目指します。

QII協議会概要

設立日 2020年7月30日
会長(予定) 佐藤 康博(株式会社みずほフィナンシャルグループ 取締役会長)
プロジェクトリーダー(予定) 相原 博昭(東京大学 大学院理学系研究科教授)
参加者(予定) 学校法人慶應義塾、JSR株式会社、DIC株式会社、株式会社東芝、トヨタ自動車株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、株式会社日立製作所、株式会社みずほフィナンシャルグループ、三菱ケミカル株式会社、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(五十音順)
事務局 東京大学
主な活動内容 (1)量子計算ソフトウェア・アプリケーションに関する情報交換
(2)量子コンピューターに我が国のものづくり技術を適用し飛躍的性能向上を図るための量子ハードウェアに関する情報交換、及び次世代量子コンピューターの開発に結び付く基礎科学技術に関する情報交換
役割 量子コンピューティングのアルゴリズム及びアプリケーションの研究開発を将来に至る社会課題の解決に向けて相互に連携・協力することを目的とし促進させ、且つ当該技術の研究成果を広く社会に普及させ、その成果を以って広く産業に貢献する。

  • 「研究開発センター」のトップへ
  • このページのトップへ