Japan

研究開発センター

学生の皆様へ

所長メッセージ

「強い思いで未来を描き、未来を創る。」 佐田 豊 研究開発センター所長

研究開発センターの役割

日本初の白熱灯に始まり、電気炊飯器、日本語ワードプロセッサ、NANDフラッシュメモリ、DVDプレイヤーなど、東芝は幾つもの世界初・日本初の製品やサービスを生み出し、社会や人々の暮らしを豊かにするイノベーションを起こしてきた会社です。その歴史の中で研究部門の果たしてきた役割は大きく、現在でも、革新的な技術をベースに新しい事業や製品・サービスを描き、そこに必要とされる技術を生み出してイノベーションを起こすことが私たち研究開発センターの最も重要なミッションとなっています。研究開発だけではイノベーションは完結しません。それを製品・サービスという形で社会に実装し、創りあげることまでが、私たちの役割です。そのために潜在的なお客様やパートナー、事業部門と議論や試作を重ね、時には新しい会社を立ち上げて事業化を実現することもあります。
同時に、自分たちの先端技術や知識によって東芝グループの事業の成長や課題解決に貢献していくことも期待されています。先端的な人工知能技術で、工場の大幅な生産歩留改善を果たすなど、現場に入り込み、自らの眼で課題を発見し解決していくような機動力がこれからの研究開発には求められています。

様々な研究領域への挑戦

研究開発センターの主な技術領域は、情報通信プラットフォーム、AI Technology、電子デバイス、ナノ材料、機械・システムの5つの領域に分類されます。ただし、私たちの研究には原則、技術領域の制約はありません。フロンティアリサーチ部門では、量子計算機、遺伝子工学・精密医療など、先端技術の将来性を見据えた研究開発にも取り組んでいます。
ここ数年で、残念ながらNANDフラッシュメモリや医療機器等の事業が東芝グループの外に出ました。関連する研究テーマも少なからず影響を受けましたが、今こそ、研究開発部門の技術で次の事業を創出し、成長させていくことが期待されています。2018年11月に発表した東芝Nextプランで、東芝はサイバー・フィジカル・システム(CPS)で社会課題の解決を目指すと宣言しました。そのプランを支えていくのは、二次電池(SCiB™)、SiCやGaN等の高性能パワーモジュール、センサー、ロボット、AI、精密医療、新世代太陽電池など、私たち研究開発センターが生み出し、更なる高性能化・高度化に取り組む製品・サービスや技術です。「世界有数のCPSテクノロジー企業になる」その先陣を私たち研究開発センターが担っていきます。

佐田 豊の写真

サイバー・フィジカル・システム

東芝が再成長のスタートを切るにあたり、「サイバー・フィジカル・システム(CPS)」という単語で、東芝の取り組む事業と技術の方向性を示しました。東芝が得意としてきた、パワーエレクトロニクス、二次電池、ビルファシリティ、鉄道システムなどの強いコンポーネント技術、あるいはこれらの制御システムなどのフィジカルな製品と、これらの製品が生み出す大量のデータの解析や、System of Systems、すなわち複数のシステムを繋ぐことで新たなサービスを創出していくことが、東芝のCPSです。
私たち研究開発センターが長年積み上げてきたAIやコンピュータサイエンスの技術と、東芝が伝統的に強みとしてきた強いコンポーネント技術とを重ね合わせ、社会に新しい価値を提供できるシステムを作り上げていきます。

求められる研究者

研究開発センターの研究者に共通して求められる資質は、新しいことを生み出すこと、何かを成し遂げることに対する思いの強さ、情熱だと考えています。学校の科目とは異なり、研究開発センターでは、誰も解いたことのない問題を解決し、他を寄せ付けない技術革新を起こすことが期待されます。そのためには、強い思い、熱い情熱を持ち続けることがとても大切です。
研究開発センターには、一人で研究に没頭するのが好きな人、とにかくプログラミングが好きな人、歩き回っていろいろな人と話し合いアイデアを練り上げるのが得意な人など、様々な研究者・技術者がいます。年齢や性別、国籍はもちろん、多様な価値観をもつメンバーが集まり、互いに刺激しあいながらアイデアや技術を高めていく、私たちはそんな研究所を目指しています。
自分の得意なこと、自分の価値観は、周囲の人と触れ合うことで定まっていくこともあります。何かを成し遂げたいと強く思う方はぜひ研究開発センターに来てください。同じ思いを持つ仲間たちと、思いを発揮できる機会が、ここにあります。

佐田 豊の写真

東芝研究開発センター RECRUIT 2020 Innovators

「研究開発センター」のトップへ