DBR-T670

安心

バックアップ・引っ越し対応だから、
買い替えやもしもの時も安心

SeeQVault™対応

SeeQVault™
「SeeQVault™対応」イメージ
これまではUSBハードディスクやSDメモリカードに録画した番組は、録画した機器でしか再生できませんでした。「SeeQVault™(シーキューボルト)」に対応したことにより、対応のUSBハードディスク*1やSDメモリカードに録画した番組を、別の対応機器*2に“引っ越し”して楽しめるようになりました。

これまでは・・・

USBハードディスクに録画された番組は、別のレコーダーにつなぎかえたら再生できない。
「SeeQVault™対応 これまでは・・・」イメージ

SeeQVault™対応なら

別のSeeQVault™対応レグザサーバー/レグザブルーレイ*3につなぎかえても、USBハードディスクに録画した番組が再生できる!
「SeeQVault™対応なら」イメージ
  • *1) 他のSeeQVault™対応機器で録画番組を再生する場合は、同一メーカーの接続確認機器に限ります。
  • *2) 「引っ越し」の対象は当社のSeeQVault™対応機器であり、他社機器への引っ越し動作を保証するものではありません。
    ※Z20Xシリーズ、J20Xシリーズ、G20Xシリーズと組み合わせてご使用になる場合には、SeeQVault™対応レグザサーバー/レグザブルーレイにて、SeeQVault™対応USBハードディスクを初期化してからご使用ください。なお、2016年春にDBR-M590、DBR-T560/T550、DBR-Z520/Z510のソフトウェアアップデートでテレビで初期化したSeeQVault™対応USBハードディスクでもDBR-M590、DBR-T560/T550、DBR-Z520/Z510で使用できるように対応する予定です。
  • *3) いずれのレコーダーも当社のSeeQVault™対応機器が対象です。バックアップ・引っ越し用として記録しておく必要があります。

このページのトップへ

SeeQVault™対応なら、こんな時に安心・快適!

バックアップをしておけば故障した時も安心

「バックアップをしておけば故障した時も安心」イメージ
消したくない番組を日常的に、SeeQVault™対応USBハードディスクやSDメモリカードにバックアップしておけば安心。本体や内蔵ハードディスクが故障しても、データが残せます。
便利なバックアップ機能

録画予約時に設定する自動バックアップ

「録画予約時に設定する自動バックアップ」イメージ

※ 別ウインドウで開きます。

録画予約時にバックアップ設定をしておけば、録画完了後の電源オフ時に自動的にバックアップします。

タイムシフトマシンで録画した番組も
バックアップ

「タイムシフトマシンで録画した番組もバックアップ」イメージ

 

タイムシフトマシンで録画した番組の保存時にSeeQVault™対応USBハードディスクへのバックアップ指定もできます。

録画リストから個別バックアップ

「録画リストから個別バックアップ」イメージ

※ 別ウインドウで開きます。

録画リストから個別に番組を指定してバックアップすることができます。また、USBハードディスクからも番組を指定してバックアップできます。

まるごとバックアップ

「まるごとバックアップ」イメージ

※ 別ウインドウで開きます。

内蔵ハードディスク内の全番組をまるごとバックアップすることができます。 個別に選ぶ手間もなく、簡単に引っ越しができます。

バックアップの追加も簡単

「バックアップの追加も簡単」イメージ

※ 別ウインドウで開きます。

バックアップしていなかった番組をまるごとバックアップできます。番組を一つずつ選ぶ手間が省けるので便利です。

買い替えたレコーダー*1に録画番組の引っ越しができる

現在お使いのレコーダーに録画して貯めた番組を、買い替えたレコーダー*1にまとめて移行することができます。引き続き、録画していた番組を楽しむことができます。
「買い替えたレコーダー(*)に録画番組の引っ越しができる」イメージ

別の部屋のレコーダー*1でも録画番組が見られる

SeeQVault™対応USBハードディスクやSDメモリカードにダビングすれば、録画番組の持ち出しができます。リビングのレコーダーで録画した番組を、別の部屋のレコーダー*1でも視聴することができます。
「別の部屋のレコーダー(*)でも録画番組が見られる。」イメージ

レグザ*2で録画した番組が見られる

SeeQVault™対応のレグザ*2で録画した番組をSeeQVault™対応のUSBハードディスクやSDメモリカードにダビングすれば、東芝のレコーダー*1でも再生することができます。

「別の部屋のレコーダー(*)でも録画番組が見られる。」イメージ
  • *1) 当社のSeeQVault™対応機器(DBR-M590、DBR-T560/T550、DBR-Z520/Z510を除く)が対象です。SeeQVault™対応のレグザでSeeQVault™対応USBハードディスクを初期化した場合は、DBR-M590、DBR-T560/T550、DBR-Z520/Z510では使用できません。DBR-M590、DBR-T560/T550、DBR-Z520/Z510と組み合わせてご使用になる場合には、SeeQVault™対応レグザサーバー/レグザブルーレイにて、SeeQVault™対応USBハードディスクを初期化してからご使用ください。なお、2016年春にDBR-M590、DBR-T560/T550、DBR-Z520/Z510のソフトウェアアップデートでテレビで初期化したSeeQVault™対応USBハードディスクでもDBR-M590、DBR-T560/T550、DBR-Z520/Z510で使用できるように対応する予定です。
  • *2) レグザで録画した番組をSeeQVault™形式に変換する必要があります。

このページのトップへ

さらに安心・快適

追加と削除が可能

「追加と削除が可能」イメージ
SeeQVault™対応USBハードディスクなら不要になった番組や、あとからバックアップをしたくなった時でも追加や削除を簡単にすることができます。

SeeQVault™対応microSDHCカードにも対応

「SeeQVault対応microSDHCカードにも対応」イメージ
SeeQVault™対応microSDHCカードを利用することで、ハイビジョン映像を高画質のまま簡単に持ち出し可能です。また、本機に録画した番組をSeeQVault™対応microSDHCカードにダビングすれば、ソニー製ポータブルワイヤレスサーバー(WG-C20)を使用してスマートフォンやタブレットでも視聴できます。

■SeeQVault™対応microSDHCカード経由

「カードリーダーでSeeQVault対応microSDHCカード経由」 イメージ 「SeeQVault対応microSDHCカード経由」 イメージ

■USBケーブル経由

「USBケーブル経由」 イメージ
  • * SeeQVault™対応 持ち出し・再生アプリが必要です。
  • ※ SeeQVault™対応microSDメモリカード&カードリーダについて詳しくは、MSV-RWシリーズ商品ページ/MU-SVシリーズ商品ページ(別ウインドウが開きます)にてご確認ください。
  • ※ SeeQVault™対応microSDHCカードを、ポータブルワイヤレスサーバーに挿入した状態で背面のUSB端子に接続してダビングすることも可能です。
  • ※ 本機でSeeQVault™対応microSDHCカードに記録するためにはSD変換アダプタが必要です。
  • ※ SeeQVault™対応microSDHCカードに記録した映像を再生するには、SeeQVault™対応microSDHCカードに対応した再生機器が必要です。
  • ※ SeeQVault™対応microSDHCカードに記録する映像は再生機器側で再生可能なフォーマットの映像であることが必要です。
  • ※ 本機からダビングする場合、および、ソニー製ポータブルワイヤレスサーバーでSeeQVault™対応microSDHCカードを使用する場合には、SDカード変換アダプタが必要です。
  • ※ ソニー製ポータブルワイヤレスサーバーの操作方法および対応録画モード・再生アプリについてはソニーのサポートページ(別ウインドウが開きます)にてご確認ください
    (一部の(旧機種の)Xperiaでは再生できないことがあります)。
レグザとSeeQvaultTM連携

このページのトップへ

SeeQVault™対応TransferJet™アダプター*1にも対応

録画した番組を手軽に転送できるTransferJet™アダプター*1に対応。専用のTransferJet™アダプター*1へ録画した番組を転送できます。転送後、対応のスマートフォン*2で番組を選んで専用のTransferJet™アダプター*1に置くだけで、手軽に番組を転送することができます。

「SeeQVault™対応TransferJet™アダプター*1にも対応」イメージ

※ SeeQVault™およびTransferJet™に対応しているスマートフォンが必要です。

※ スマートフォン内にSeeQVault™対応microSDカードが挿入されている必要があります。

※ TransferJet™アダプター*1からスマートフォンへの転送および番組の視聴には、株式会社ピクセラ Android™向けSeeQVault™対応再生アプリ 「SeeQVault プレーヤー TJPlus」が必要です。詳しくは各社のホームページ(別ウインドウが開きます)をご参照ください。

*1) 下記の機器に対応予定です。

     【 SeeQVault™対応TransferJet™アダプター】

     株式会社バッファロー

     SeeQVault™対応TransferJet™アダプター

     BSCRTQ01/V

     詳しくは各社のホームページ(別ウインドウが開きます)をご参照ください。

*2) 下記の機器に対応予定です。

     【スマートフォン】

     富士通株式会社(NTTドコモ向け)

     F-02H

     詳しくは各社のホームページ(別ウインドウが開きます)をご参照ください。

SeeQVault™対応 USBハードディスク

商品イメージ

東芝
CANVIO DESK

3TB
HD-QB30TK
2TB
HD-QB20TK
1TB
HD-QB10TK
SeeQVault™
SeeQVault™対応
ECOパワーオフ
ECOパワーオフ機能搭載
縦置き・横置き両対応
縦置き・横置き両対応

※ レコーダーの通常録画容量増設にも使えます。ただし、タイムシフトマシンの録画容量増設には非対応です。

商品ページを見る

※ CANVIO DESKサイトが 別ウインドウで開きます。

商品イメージ

アイ・オー・データ機器
AVHD-AUSQ
AVHD-USQ

2TB/3TBモデル

AVHD-PUTSQ

1TB/2TBモデル

商品ページを見る

※ 株式会社アイ・オー・データ機器サイトが別ウインドウで開きます。

商品イメージ

バッファロー
HD-AVQU2/V

1TB/2TB/3TBモデル

商品ページを見る

※ 株式会社バッファローサイトが別ウインドウで開きます。

このページのトップへ

SeeQVault™対応 microSDHCメモリカード

■SeeQVault™対応microSDHCメモリカード/SeeQVault™対応microSDカードリーダ(MSV-RWシリーズ)

商品イメージ
32GB
MSV-RW32GA
16GB
MSV-RW16GA
商品ページを見る

※ Pocket Mediaサイトが別ウインドウで開きます。

■SeeQVault™対応microSDHCメモリカード(MU-SVシリーズ)

商品イメージ
32GB
MU-SV032G
16GB
MU-SV016G
商品ページを見る

※ Pocket Mediaサイトが別ウインドウで開きます。

このページのトップへ

故障かな?と思った時に

自己診断モード

ドライブ状態、チューナー受信状態、ネット接続状態、USB機器の接続状況などを簡単にチェック可能。状況だけでなくその対処方法を教えてくれるので、故障かな?と思ったときでも安心です。

設定から「診断モード」を選んで…

診断メニューを選ぶだけ!

「自己診断モード」イメージ

※このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

  •  

※このページの画像はすべてイメージです。