レグザブルーレイ/レグザタイムシフトマシン

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

録画した番組もディスクに残せる!

レグザリンクダビング*1

録画した番組を、LAN接続*2されたレグザブルーレイへダビング可能。手軽にディスクに保存ができます。

ダビング/ムーブ
  • *1)4K放送はHD変換が必要です。
  • *2)LANケーブル(ストレートケーブル/クロスケーブル両対応、別売)が必要です。
  • ※ レグザリンク・ダビング対応機器については、「レグザリンク・ダビング対応機種一覧」をご覧ください。

録画番組をダビング(ムーブ)する

ダビング/ムーブ

ハードディスクやUSBハードディスクに録画した番組を他の機器にダビングすることができます。

ダビング/ムーブ
  • ※ 本機のハードディスクやUSBハードディスクからDTCP-IP対応サーバーへダビングをした番組を本機のハードディスクやUSBハードディスクに戻すことはできません。
  • ※ ダビング中に機器の接続を変更したり、電源プラグやACアダプターをコンセントから抜いたりしないでください。
  • ※ ダビング中の番組は再生できません。
  • ※ 4K放送の録画番組はDTCP-IP対応サーバーへダビングできません。

SeeQVault™対応USBハードディスクを別の対応機器*1でも楽しむ

SeeQVault™対応

これまではUSBハードディスクに録画した番組は、録画した機器でしか再生できませんでした。「SeeQVault™(シーキューボルト)」に対応することにより、対応のUSBハードディスクに録画した番組を、別の対応機器*1でも楽しめるようになります。

SeeQVault™非対応の場合

「SeeQVault™非対応の場合」 イメージ

ハードディスクに録画した番組を…

これまで接続していなかったテレビやレコーダーに接続しても再生できない

録画した番組を、SeeQVault™対応のUSBハードディスクにSeeQVault™形式に変換してダビングすると、別の対応機器*1に接続してすぐに再生できます。また、対応レコーダーに接続すれば録画番組をブルーレイディスクに残すことも可能です。さらに、レコーダー*2でSeeQVault™対応のUSBハードディスクにバックアップした番組も、本機に接続して再生することができます。

  • ※ SeeQVault™は、地上デジタル放送など録画した番組を、録画した機器以外でも楽しむことができるようにするコンテンツ保護技術です。ただし、SeeQVault™対応機器でもデータの記録フォーマットなどが異なる場合もあり、他社製のSeeQVault™対応機器での動作を保証するものではありません。
  • ※ 4K録画番組はSeeQVault™形式に変換できません。(HD変換することで可能になります)
  • *1) 対象はSeeQVault™対応の東芝ブランドのテレビやレコーダーであり、他社機器への動作を保証するものではありません。また、録画時は通常録画番組として録画されますので、録画後にSeeQVault™形式へ変換する必要があります。
  • *2) 対象はSeeQVault™対応のレグザタイムシフトマシン/レグザブルーレイです。

レグザ
ハードディスク
レコーダー
なら

SeeQVault™対応USBハードディスク1台に、
通常録画コンテンツ(ダビング10など)と、
SeeQVault™対応変換コンテンツが、混在保存可能!

2つのメリット 他機器へダビングしたい通常録画形式(ダビング10など)の保存が便利! 別のSeeQVault™対応機器で見たい番組はSeeQVault™形式に保存!
「2つのメリット」 イメージ