お問い合わせ

2013年4月25日

お客様各位

株式会社 東芝
デジタルプロダクツ&サービス社

レグザポータブルDVDプレーヤー「SD-P100WP」の
ライブ視聴機能のバージョンアップについて

 日頃は、東芝製品をご愛用いただきまして誠にありがとうございます。

 このたび、2012年9月10日に発表しましたレグザポータブルDVDプレーヤー「SD-P100WP」(以下、本機)につき、DLNAライブ視聴機能に対応したソフトウェアのネットワークダウンロードが2013年4月25日より開始いただけることとなりました。

ネットワークダウンロードにより、最新のソフトウェアにバージョンアップしていただくと、家庭内ネットワーク(有線*1/無線LAN)に接続されたブルーレイディスクレコーダー「レグザブルーレイ」と連携し、ブルーレイディスクレコーダーで受信している放送中のテレビ番組をネットワークを経由して本機で視聴することができます。
以前から、本機内蔵のチューナーによって地上デジタル放送とワンセグ放送の受信が可能でしたが、今回のバージョンアップによりDLNAライブ視聴が可能となります。

※ 本機能を使用するには、本機と以下の対応レグザブルーレイを家庭内ネットワーク(有線*1/無線LAN)で接続する必要があります。


詳細は以下のホームページをご覧ください。
【SD-P100WP 商品ページ】
https://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd/lineup/sd-p100wp/index_j.htm
【SD-P100WP サポートページ】
https://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd/cs/SD-P100WP.html

【対応機器】(2013年4月25日現在)
レコーダー:DBR-T360、DBR-T350、DBR-Z320、DBR-Z310、DBR-Z260、DBR-Z250、DBR-Z160*2、DBR-Z150*2、DBR-M190*3、 DBR-M180*3

*1)キッチンやお風呂場などの水が入る可能性のある場所では無線LANをお使いください。
*2)DBR-Z160、DBR-Z150 では、ソフトウェア・バージョンが「ソフトウェア・バージョン 04」以降(ソフトウェアアップデートの場合は、2011年12月15日以降にリリースされたもの)になっていることが必要です。なお、ソフトウェアのバージョン確認方法およびバージョンアップ方法については、レコーダーの取扱説明書をご確認ください。
*3) DBR-M190、DBR-M180では、ソフトウェア・バージョンが「ソフトウェア・バージョン 20B-1E」以降(ソフトウェアアップデートの場合は、2012年3月14日以降にリリースされたもの)になっていることが必要です。なお、ソフトウェアのバージョン確認方法およびバージョンアップ方法については、レコーダーの取扱説明書をご確認ください。


電話でのお問い合わせ窓口【東芝DVDインフォメーションセンター】
受付時間 365日 9:00~18:00
一般回線からのご利用
  フリーダイヤル(通話料無料) 0120-96-3755
  ※携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。

携帯電話からのご利用
  ナビダイヤル(通話料有料) 0570-00-3755
  ※PHS・一部のIP電話などでは、ご利用になれない場合があります。


以上


レグザブルーレイ トップページへ

東芝映像ソリューション株式会社個人情報保護方針

Copyright