東芝映像ソリューション TOP > レグザブルーレイ/レグザタイムシフトマシン トップ > RD-Style >

RD Style 番組表

  • USB機器
  • 番組表
  • ネット機能
  • スカパー!HD
  • 省エネ・節電

スカパー!連動/CATV連動

CATV連動/接続例一覧

映像・音声ケーブルの接続例

RDシリーズ (CATV連動) の追加に伴う映像・音声の接続の変更について

CATVチューナーが下記 [現在の接続] のように接続されている場合、[ 接続例 ] にあるようなつなぎ方に変更するとよいでしょう。RDシリーズで録画した番組を視聴する際、RDシリーズ → テレビ という流れでご覧になれます。また、CATVチューナーのみをテレビでご覧になる場合、CATVチューナー → テレビの流れでご覧になれます。テレビで RDシリーズを見るか、CATVチューナーを見るかは、テレビ側のビデオ入力を切換えることで選ぶことができます。

なお、CATVチューナーの「ビデオ入力」に VHS が接続されている場合、それを RDシリーズと入れ替えるという方法もありますが、この場合は、RDシリーズで録画した番組を視聴する際、RDシリーズ → CATVチューナー → テレビという経路で見ることとなり、操作が煩雑になります。また、テレビが HDMI や D端子で接続できる場合、RDシリーズ 側でハイビジョン録画した番組を本来の画質で楽しむことができなくなります。

現在の接続 -イメージ

接続例 -イメージ

RDシリーズからテレビへの接続は、お手持ちのテレビが HDMI や D端子に対応している場合、それらのどちらかをご利用になることで、RDシリーズの内蔵チューナーで録画したハイビジョン放送をそのままの画質で楽しむことができます。リモコンで RDシリーズの「解像度切換」キーを押してお手持ちのテレビに対応したハイビジョン品質に切換えてください。

アンテナケーブルの接続例

RDシリーズの追加に伴うアンテナ配線の変更について

CATVチューナーでどの放送を利用するかによって、 アンテナ端子へのつなぎ方が異なります。
まず下記のケースで最も近いものを確認し、ケースごとに 次のブロックの接続図をご覧ください。

Case A: CATVチューナーで「CATV専門チャンネル」のみ視聴するケース

[CATVチューナー] 「CATV専門チャンネル」のみ視聴
[テレビ] 「地上デジタル放送」を視聴(内蔵チューナー利用)
「BSデジタル放送」を視聴(内蔵チューナー利用)
「CATVチューナー」を視聴(ビデオ/D端子/HDMI入力経由で利用)

レコーダー導入後

[CATVチューナー] 「CATV専門チャンネル」のみ視聴
[テレビ] 「地上デジタル放送」を視聴(内蔵チューナー利用)
「BSデジタル放送」を視聴(内蔵チューナー利用)
「CATVチューナー」を視聴(ビデオ/D端子/HDMI入力経由で利用)
[レコーダー]
(今回追加するRDシリーズシリーズ)
「地上デジタル放送」を視聴(内蔵チューナー利用)
「BSデジタル放送」を視聴(内蔵チューナー利用)*
「CATVチューナー」を視聴(ライン入力経由で利用)

* CATVからのパススルーがある場合か、マンションや一軒家で個別にBSアンテナを設置している場合のみ可能です。

※レコーダーの内蔵チューナーを利用できる場合、レコーダー側にて地上デジタル、BSデジタルをハイビジョンで録画して再生することができます。

Case A: CATVチューナーで「CATV専門チャンネル」のみ視聴するケース -イメージ

・左側のBSパラボラアンテナのイラストは、マンションの共同受信や一軒家で設置している場合ですが、CATVサービス局がBSデジタルを再送信している場合、アンテナの設置は不要です。

・CATVサービス局からの再送信がない場合で、かつ自前のアンテナが設置されていない場合、RDシリーズの内蔵チューナーで BSデジタルをご覧になることはでませんので、BS/110度CSデジタル入力と、RDシリーズからテレビへの同出力の接続は不要となります。

Case B: CATVチューナーもテレビのチューナーも全部利用するケース

[CATVチューナー] 「CATV専門チャンネル」を視聴
「地上デジタル放送」を視聴
「BSデジタル放送」を視聴
[テレビ] 「地上デジタル放送」を視聴 (内蔵チューナー利用)
「BSデジタル放送」を視聴 (内蔵チューナー利用)
「CATVチューナー」を視聴 (ビデオ/D端子/HDMI入力経由で利用)

レコーダー導入後

[CATVチューナー] 「CATV専門チャンネル」を視聴
「地上デジタル放送」を視聴
「BSデジタル放送」を視聴
[テレビ] 「地上デジタル放送」を視聴 (内蔵チューナー利用)
「BSデジタル放送」を視聴 (内蔵チューナー利用)
「CATVチューナー」を視聴 (ビデオ/D端子/HDMI入力経由で利用
[レコーダー]
(今回追加するRDシリーズシリーズ)
「地上デジタル放送」を視聴 (内蔵チューナー利用)
「BSデジタル放送」を視聴 (内蔵チューナー利用) *
「CATVチューナー」を視聴 (ライン入力経由で利用)

* CATVからのパススルーがある場合か、マンションや一軒家で個別にBSアンテナを設置している場合のみ可能です。

※レコーダーの内蔵チューナーを利用できる場合、レコーダー側にて地上デジタル、BSデジタルをハイビジョンで録画して再生することができます。

Case B: CATVチューナーもテレビのチューナーも全部利用するケース -イメージ

Case C: CATVチューナーのみを利用するケース (テレビは映像表示にのみ利用)

[CATVチューナー] 「CATV専門チャンネル」を視聴
「地上デジタル放送」を視聴
「BSデジタル放送」を視聴
[テレビ] 「CATVチューナー」を視聴 (ビデオ/D端子/HDMI入力経由で利用)

レコーダー導入後

[CATVチューナー] 「CATV専門チャンネル」を視聴
「地上デジタル放送」を視聴
「BSデジタル放送」を視聴
[テレビ] 「CATVチューナー」を視聴 (ビデオ/D端子/HDMI入力経由で利用)
「レコーダーの各種画面やチューナー」を視聴 (ビデオ/D端子/HDMI入力経由で利用)
[レコーダー]
(今回追加するRDシリーズシリーズ)
「地上デジタル放送」を視聴 (内蔵チューナー利用)
「BSデジタル放送」を視聴 (内蔵チューナー利用) *
「CATVチューナー」を視聴 (ライン入力経由で利用)

* CATVからのパススルーがある場合か、マンションや一軒家で個別にBSアンテナを設置している場合のみ可能です。

※レコーダーの内蔵チューナーを利用できる場合、レコーダー側にて地上デジタル、BSデジタルをハイビジョンで録画して再生することができます。

Case C: CATVチューナーのみを利用するケース (テレビは映像表示にのみ利用) -イメージ

・左側のBSパラボラアンテナのイラストは、マンションの共同受信や一軒家で設置している場合ですが、CATVサービス局がBSデジタルを再送信している場合、アンテナの設置は不要です。

・CATVサービス局からの再送信がない場合で、かつ自前のアンテナが設置されていない場合、RDシリーズの内蔵チューナーで BSデジタルをご覧になることはでませんので、BS/110度CSデジタル入力は不要となります。

その他の設定方法等はこちら
  • 番組ナビ チャンネル設定コード表

    ・iNET/ADAMSチャンネル設定表のコード一覧

  • チャンネル関連の設定方法

    ・番組ナビ搭載機種のチャンネル設定について

前の画面に戻る
  • USB機器
  • 番組表
  • ネット機能
  • スカパー!HD
  • 省エネ・節電
ページトップへ