TOSHIBA

テレビ レグザ

東芝映像ソリューション TOP > テレビ レグザ TOP > なるほど。テレビの選び方

テレビの選び方

見たい人と、見たい場所に
ぴったりのテレビ診断
なるほど。テレビの選び方

該当商品は、 0 商品あります。

該当の商品を見る

テレビ選びのポイントをチェックしてください。

Check Point 1

画面サイズ

●主な使用用途を1つチェック

●お部屋の広さを1つチェック

お好みのポイントをチェックしよう。
(複数選択可)

Check Point 2

画質

Check Point 3

録画

Check Point 4

音質

Check Point 5

その他の機能

あなたにぴったりのテレビはこちら!
「テレビ診断の結果を見る」をご覧ください。

39 商品中/該当 0 商品あります

※ このページの「4K」画素数はすべて3840×2160です。

※ 8K放送の受信には対応していません

※ このページの画像はすべてイメージです。

※ その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

close

有機ELパネルとは?

有機ELパネルの映像表示は「自発光方式」で、自発光体の発光材料に電圧がかかることで発光し、その現象をパネル自体が制御します。有機ELとは「有機エレクトロ・ルミネッセンス(Electro Luminescence)」の略で、有機ELパネルを使用したテレビを一般的に有機ELテレビと呼びます。
また、有機ELテレビは液晶テレビと比べ、バックライトパネルが不要なので、薄型軽量で高コントラストなのが特長です。さらに、画素ごとの明るさを制御できるので、深みのある黒を表現することが可能です。

  • 一般的な有機ELパネル

    自発光体が発光する有機ELは画素ごとに光を制御して、完全な黒を再現できるので、暗い領域での表現力が増し、色彩もより鮮やかになります。

  • 65V型/55V型レグザの有機ELパネル

    レグザの有機ELパネルは、独自に設計した自社開発高放熱インナープレートを採用することで、高輝度・高コントラストを実現。有機ELパネルのポテンシャルを引き出します。

液晶パネルとは?

液晶パネルは2枚のガラス基板の間に透明電極に挟まれて封入された小さな液晶分子の向きを、電極にかける電圧によって変えてそこを透過する光の量を制御します。光の量は、バックライトの光がカラーフィルター(光の三原色である赤、緑、青色)を通して光の量を調節することでさまざまな色を表現することが出来ます。
バックライトの駆動方式には「エッジ型」と「直下型」の2つがありレグザでは全面直下バックライト*1を採用しています。

  • エッジ型液晶パネル

    エッジ型バックライト

    エッジ型の駆動は一枚の映像フレーム全体を明るくしたり暗くしたりするので、細かい明暗は液晶パネルの画素性能に依存します。

  • 直下型液晶パネル

    レグザの全面直下LEDバックライト

    パネル全面に配置されたLEDの点滅を、映像処理エンジンが緻密にコントロール。動きの激しいスポーツ映像から、繊細な星の瞬きまで美しく描き出します。

*1 Z740X/Z730Xシリーズで対応。

キレイで美しくするとは?(映像処理エンジン)

画質の美しさは、緻密な高精細感と豊かな色彩の表現がポイントですが、地デジだけでなく4K放送やネット動画など、さまざまな映像信号に応じて輝度表現や明るさ表現を調整し、リアルな画質を再現する映像処理エンジンの技術が重要です。この解像技術により有機ELパネルや液晶パネル本来のポテンシャルを引き出すことが可能です。
レグザでは、超解像技術で高画質化するだけでなく、視聴環境の明るさや色温度にあわせ適切な画質に自動調整するなど、最新のコンセプトと技術を採用しています。

  • レグザエンジンCloudでは、詳細ジャンルやコンテンツごとの画質特性をクラウドから取得し、視聴中のコンテンツに適切なパラメーターを用いてAI高画質処理を行うことで、高精細でリアルな高画質を実現しています。

* X9400/X8400/Z740X/M540Xシリーズで対応。

いつでも見られるとは?(タイムシフトマシン)

録画予約せずに地デジ番組を最大6チャンネル、約80時間分*1まるごと録画*2する便利な機能がレグザのタイムシフトマシンです。放送済みの番組が表示される「過去番組表」から気になる番組を選ぶだけで、見逃した試合も、録(と)り忘れたドラマもすぐ楽しめます。
さらに、膨大な過去番組から、あなたにあった番組を厳選しておすすめするスマート機能も充実。
過去番組表以外にも録画中の番組をオープニングから見られる「始めにジャンプ」*3や、いつも見ている番組を自動でピックアップする「ざんまいスマートアクセス」など、レグザのタイムシフトマシンなら自由な視聴スタイルが楽しめます。

*1 別売のレグザ純正USBハードディスクTHD-500D2を使用して、地上デジタル放送のHD番組(17Mbps)をまるごと録画した場合の目安。

*2 タイムシフトマシンを使用するには、お客様が初期設定しておく必要があります。

*3 タイムシフトマシンで録画中の番組のみが対象です。

※ タイムシフトマシン機能のご利用には別売のタイムシフトマシン対応USBハードディスクが必要です。

※ X9400/Z740X/Z730Xシリーズで対応。

テーマを自動で録画とは?(みるコレ)

“好きなタレント”や“ジャンル”などのテレビ番組、ネット動画など、あなたの見たい映像コンテンツを見つけて、手軽に楽しめるサービスが、レグザの「みるコレ」です。
好きなテーマの「みるコレ」パックを使うと自動で番組を録画できます。

録画された番組から見たいシーンだけを選んで見ることができます。
さらに、AIレコメンドシステムがクラウド上の膨大な視聴履歴を学習し解析し、タイムシフトマシンなどで録画した膨大な番組の中から、お好みの番組を自動でおすすめします。

※ 本機能のご利用にはインターネットへの接続が必要です。

※ 録画番組を対象とする機能は、USBハードディスク接続時に対応しています。

※ S24/S22シリーズ以外で対応。

重低音の音質とは?(重低音バズーカ)

映画等の番組には人のセリフ以外にも、BGMや迫力のシーンの爆音など低音が多く含まれており、その音を再生するには低音専用のスピーカーが必要になります。レグザの重低音バズーカは、豊かで迫力のある重低音を再生することが可能です。
また、画面に映っている人が自然に話しているように感じるために、音が放射される自然な音像定位を設計することで、聞き取りやすく、低音再生能力と自然な音の位置感を実現しています。

※ X9400(48V以外)/Z740X/Z730Xシリーズに搭載。

声の聞き取りやすさとは?(クリア音声)

人の声をより聞き取りやすいように音声を再構築するレグザの「クリア音声」は、映画やドラマではセリフを明瞭に、バラエティ番組では背景音を抑え、深夜の小音量でもはっきり聞き取りやすい音声で楽しめます。

※ S24/S22シリーズ以外で対応。

複数チャンネル表示とは? (ダブルウインドウ/まるごとチャンネル)

レグザのまるごとチャンネルなら、オンエア中の番組や録画番組を楽しみながら、他のチャンネルを同時に複数表示することができます。今どんな番組が放送中かひと目でわかり、手軽にチャンネルが切り換えられます。
またレグザのダブルウインドウなら、同時に2つのチャンネルを表示できます。

  • ダブルウインドウ*1

    番組を見ながら、他のチャンネルのチェックができるダブルウインドウを搭載。画面の大きさ(3段階*3)や、画面の入替えが、ボタン1つで行えます。

  • まるごとチャンネル*2

    放送や録画番組を楽しみながら、放送中の地デジ番組最大6チャンネルを画面上に同時に表示可能*4。オンエア中の地デジ番組がひと目で分かります。また、おもしろそうな番組を選んで「始めにジャンプ」*5ボタンを押せば、番組を最初から楽しめます。

*1 「ダブルウインドウ」の4K放送は右の画面に表示することはできません。外部入力同士の表示、録画番組または動画配信サービス視聴中の2画面表示は非対応です。(V34/S24/S22シリーズ以外で対応)

*2 「まるごとチャンネル」はX9400/Z740X/Z730Xシリーズで対応。

*3 左側の画面は拡大、右側の画面は縮小にのみ対応しています。

*4 それぞれのチャンネルを順次間欠的に更新して表示します。

*5 本機能は、タイムシフトマシンで録画中の番組に対してのみ動作します。タイムシフトマシン機能のご利用には別売のタイムシフトマシン対応USBハードディスクが必要です。

ゲームのレスポンスとは? (瞬速ゲームモード)

レグザなら、映像遅延時間の短縮をしつつ、さらに高画質技術によって、美しい映像で快適にゲームを楽しめます。コントローラーのボタン操作と画面表示のタイムラグをより少なくし、さらにスムーズに思い通りのプレイが可能です。

ゲームモードをONにしたテレビとOFFにしたテレビで、
同じタイミングで攻撃ボタンを押すと・・・

※ 画像は、同機種のレグザでゲームモードをONにした場合とOFFにした場合の低遅延効果のイメージです。

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

音声操作とは? (ハンズフリーレグザボイス/レグザボイス)

レグザのハンズフリーレグザボイスなら、テレビ本体に話しかけることで、見たい番組をすぐに楽しむことができる便利な音声操作機能を搭載しています。また、Alexaを搭載しているので、音楽を再生したり、ニュースを聞いたり天気を確認することもできます。
さらに、リモコンの「ボイス」ボタンを押して、リモコンに話しかけることで番組の録画予約したり、文字入力画面を表示中には音声で文字入力をすることもできるレグザボイスも搭載しています。

  • ハンズフリーレグザボイス

    テレビ本体に話しかけることで、見たい番組をすぐに楽しむことができるハンズフリーレグザボイス。いそがしい時、リモコンが使えない時などに快適にレグザの操作が行えます。

  • レグザボイス

    「ボイス」ボタンを押して、リモコンに話しかけることで、見たい番組やシーンを自動的に検索。さらに番組の録画予約をしたり、音声で文字入力することもできます。

※ 本機能のご利用にはインターネットへの接続が必要です。

※ 「ハンズフリーレグザボイス」:X9400/X8400シリーズで対応。

※ 「レグザボイス」:X9400/X8400/Z740X/Z730Xシリーズで対応。

※ AlexaはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

このページのトップへ