TOSHIBA

テレビ レグザ

東芝映像ソリューション TOP > テレビ レグザ TOP > レグザのテレビ録画 > まるごと録(と)ってスマートに見る|タイムシフトリンク

見逃さない

  • タイムシフトリンク
  • USBハードディスク必須(別売)

タイムシフトマシン非対応
レグザもタイムシフトマシンに! タイムシフトリンク*1

タイムシフトマシン非対応の機種でもタイムシフトマシン対応機種と接続することで、接続機器でタイムシフト録画した過去番組表を表示可能。本機のリモコン1つで、タイムシフトマシンの機能を快適に操作できます。また、タイムシフトマシン対応のレグザとレグザサーバーを接続することで、それぞれの過去番組表*2を合わせ1つの画面上で表示することが可能です。

  • 始めにジャンプ

    現在放送中の番組でも、簡単に番組の冒頭から見ることができます。

    「始めにジャンプ」イメージ

    ※ 「始めにジャンプ」機能は、HDMI®でも接続した対応するレグザサーバーでタイムシフトマシン録画中の番組に対してのみ動作します。

  • 過去番組表

    レグザのリモコンで、レグザサーバーの過去番組表を表示。リモコンを持ち替えることなく、見たい番組が選べます。

    「過去番組表」イメージ
  • 機器操作

    レグザサーバーなどの対応機器もレグザの画面から操作可能になります。

    「機器操作」イメージ
  • テレビリモコン1つで簡単操作

    テレビリモコンの独立したタイムシフトリンクボタンから、タイムシフトリンクをすぐにお楽しみいただけます。

    「リモコン」イメージ

このページのトップへ

  • *1) タイムシフトリンク機能を使用する場合、ホームネットワーク(LAN)またはHDMI®を接続し、設定のうえ対応機器を接続する必要があります。
  • *2) 機種によっては対応レグザサーバーとの接続のみに対応し、HDMI®接続する必要があります。表示される過去番組表はレグザサーバーのものとなります。
  • ※ 本機能のご利用には、ホームネットワーク(LAN)を構築し、設定のうえ対応機器を接続するか、レグザサーバーとHDMI®接続し、本機の「HDMI連動機能」を「使用する」に設定する必要があります。
  • ※ 機種によって、表示画面や使用できる機能が異なります。
  • ※ 画像はV31のものです。
このページのトップへ