東芝映像ソリューション TOP > テレビ レグザ TOP > 商品ラインアップ一覧 > G20Xシリーズ | 高画質 | 4KレグザエンジンHDR

G20Xシリーズ

全面直下LEDのポテンシャルを引き出し、
心に響く映像美を生み出す
4KレグザエンジンHDR

4KレグザエンジンHDR
「4KレグザエンジンHDR」 : イメージ

大画面・高画質を実現するために新規開発した映像エンジン。全面直下LEDのポテンシャルを引き出すことで、精細感や自然な色彩、輝きまでも再現。心に響く映像美を生み出します。 さらに、高速グラフィック処理でレスポンスを向上させるなど、快適な操作も実現します。

このページのトップへ

その輝きとコントラストで、心奪われる映像美を実現
HDMI®新規格 HDR入力対応

HDR

HDMI®で規格化された「HDRフォーマット」(Ultra HD Blu-ray™の4K-60PのHDR信号)に対応。HDRフォーマットコンテンツの、リアルで立体感ある精細な映像が高画質で楽しめます。また、これまでのコンテンツも、「インテリジェント・ハイダイナミックレンジ復元」によってディテールまで美しく再現します。

全面直下LEDとエンジン、HDMI®新規格 HDR入力対応によって、
リアリティ・立体感・精細感・色彩表現が大幅に向上!

細かな波のディテールまでリアリティあふれる映像で再現!

微妙な白の違いも描き分け、
立体的な奥行き感を再現!

夜景の中の輝きと黒のコントラストも精細感豊かに再現!

※ 比較画像は、効果を説明するためのイメージです。
掲載の写真は、効果を分かりやすく表現したもので、実際の映像とは異なります。

HDR(ハイダイナミックレンジ)とは?

HDR(ハイダイナミックレンジ)とは、これまでよりも輝度差を広く取った映像のこと。映像に、拡大したダイナミックレンジの情報を持たせることによって、明暗差の大きな風景をリアルに再現することができます。

「HDR制作の映像信号」 : イメージ
「従来の映像」 : イメージ

高輝度の情報が失われ、コントラストが低下。

「HDR制作の映像」 : イメージ

輝度の拡大がコントラスト感を高め、明暗差の大きな風景をリアルに再現。

HDRフォーマットの映像だけでなく、これまでの映像も、白く輝く部分のディテールを美しく再現

白く輝く部分を立体的に再現
インテリジェント・ハイダイナミックレンジ復元

HDR

撮影するカメラによって異なる高輝度領域の圧縮特性を高精度に推定して復元し、明るく輝くシーンの中の白い部分を立体的に再現します。

「動作処理前」 : イメージ
「動作処理後」 : イメージ

※ 画像はイメージです。

このページのトップへ

きめ細やかな質感を再現
インテリジェント質感リアライザー

1シーンごとにヒストグラムを作成し、映像信号を補正します。画面の暗部と明部をしっかり描き、立体感・奥行き感のある映像を再現。感性に響く、きめ細やかな質感描写を実現します。

暗部と明部の質感を正確に再現し、立体感の表現を向上

「動作処理後」 : イメージ

暗い部分の質感も肌の明るさも細かく再現!

※ 画像はイメージです。

このページのトップへ

全面直下LEDで、より高精度に残像を低減
4Kダイレクトモーション120

直下型かつ高輝度のLEDバックライトを高速で明滅させることで、映像のボケ感を効果的に低減し、優れた動画応答性を実現。残像の少ないクッキリとした映像を再現します。

「4Kダイレクトモーション120」イメージ

※ 画像はイメージです。

このページのトップへ

多彩な高画質化処理

なめらかなグラデーションを実現
Deep Color対応

豊富な色彩を表現
“x.v.Color”

「Deep Color対応」イメージ
「”x.v.Color“」イメージ

色階調がフルカラーの24ビットを超える30・36ビットの高画質映像に対応。夕焼けなどのグラデーション映像もなめらかに表現します。

動画色空間の国際規格のひとつ「xvYCC」に準拠した“x.v.Color”に対応。今まで表現しきれなかった豊富な色彩をリアルに表現します。

※ “x.v.Color”および“x.v.Color” はソニー株式会社の商標です。

※ 画像はイメージです。

※このページの画像はすべてイメージです。

ページトップへ