TOSHIBA

テレビ レグザ

東芝映像ソリューション TOP > テレビ レグザ TOP > 商品ラインアップ一覧 > M530Xシリーズ | 快適・便利 | 便利な機能

気になる2番組を同時に楽しめる

ダブルウインドウ

地上デジタル放送を2番組または、地上デジタル放送と外部入力を同時に見ることができます。画面の拡大・縮小は3段階で変更でき、左右画面の入れ替えもリモコンの青ボタンで簡単です。4K放送と4K入力にも対応しています。

ダブルウインドウ

* 左側の画面は拡大、右側の画面は縮小にのみ対応しています。

※ 4K放送は右の画面に表示することはできません。
外部入力同士の表示、録画番組または動画配信サービス視聴中の2画面表示は非対応です。

画面表示できる組み合わせ

  • 放送+放送
    「放送+放送」 イメージ

    放送中の地上デジタル/BS/110度CSデジタル放送番組を2番組同時に視聴できます。

  • 放送+外部入力
    「放送+外部入力」 イメージ

    放送中の地上デジタル/BS/110度CSデジタル放送番組と外部入力を同時に視聴できます。

ゲームを楽しむなら断然レグザ!

驚きのレスポンス&4K高精細グラフィックスでゲームをより快適に

4K瞬速ゲームダイレクト

家庭用テレビゲーム機に対応し、ゲームの魅力を存分に楽しむことができます。

「4K ゲーム・ターボ」 イメージ
速い約5.8msec*の低遅延 美しい 臨場感あふれる映像 大画面 480i/p、720p入力も大画面表示

対戦格闘ゲームもスムーズに操作できる

【映像遅延時間短縮】
ゲームに必要な高画質処理を行いつつ、画像処理の遅延時間を、驚きの約0.83msecに短縮。対戦格闘ゲームなどボタンを押すタイミングが重要なゲームを快適にプレイできます。

「対戦格闘ゲームもスムーズに操作できる」 イメージ

* HDMI®1080p/60Hz入力で、画面サイズ「フル」選択時、HDMI®4K60p入力時。映像メニュー「ゲーム」選択時、映像処理による信号遅延です。(パネルによる遅延を除く)

※ 画像はイメージです。

ゲームモードをONにしたテレビとOFFにしたテレビで、同じタイミングで攻撃ボタンを押すと・・・

「アニメなどコマ数の少ないコンテンツの動きを、よりなめらかに!」 イメージ

※ 画像は、同機種のレグザでゲームモードをONにした場合とOFFにした場合の低遅延効果のイメージです。
©CAPCOM U.S.A., INC. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.

こんなに差が出る!映像遅延時間の違いを動画で確認

ゲームモードをONとOFFにした2台のレグザで映像遅延時間の差を検証。

映像遅延時間が短いと、快適にゲームを楽しめることが一目でわかります。

※ 再生ボタンをクリックすると、YouTube™に掲載している動画が再生されます。

※ YouTube™は弊社とは別企業のサービスであり、各サービスの利用規約に則りご利用ください。

60P出力の高精細PCゲームに対応

HDMI®2560×1440 60p入力対応

HDMI®2560×1440 60p出力のPCゲームに対応。高精細なPCゲームも緻密な映像で楽しめます。また、4K入力も可能なので、対応ゲームが4K解像度のまま緻密な映像で楽しめます。

「HDMI®2560×1440 60p入力対応 」 イメージ

ポータブルゲーム機を大迫力でプレイ

ポータブルゲーム機対応

コンテンツモードに「PlayStation Vita TV」接続時専用の画質モードを搭載。PlayStation Vitaのソフトやコンテンツを大画面で美しく楽しめます。

* 「PlayStation Vita」からの出力は720p。

「ポータブルゲーム機対応」 イメージ

ゲームの種類ごとの映像モード変更は不要!いつでもゲームの種類に適した映像で楽しめる!

「映像メニュー」が「ゲーム」の時、ゲームやゲーム機の種類ごとに映像モードを変更しなくても、適切な映像でゲームが楽しめます。

  • オート テレビ側で自動的に切り換え
  • HDゲーム 高解像度映像のゲーム機に適したモード 描画解像度720Pを想定
  • ポータブルゲーム ポータブルタイプのゲーム機に適したモード 描画解像度540Pを想定
  • SDゲーム 標準画質のゲーム機に適したモード 描画解像度480Pを想定
  • ※ このページの「4K」画素数はすべて3840×2160です。
  • ※ このページの画像はすべてイメージです。
  • ※ HDMIは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc.の商標または登録商標です。
  • ※ YouTube、YouTubeロゴは、Google LLCの商標です。
  • ※ その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
このページのトップへ