東芝映像ソリューション TOP > テレビ レグザ TOP > 商品ラインアップ一覧 > Z10Xシリーズ | 録画 | タイムシフトマシン

Z10X SERIES

タイムシフトマシン

昨日の番組が今すぐ見られる
タイムシフトマシン

タイムシフトマシンUSBハードディスク必須(別売)
「タイムシフトマシン」イメージ

たとえば、昨日の番組が話題になっていたら、「過去番組表」から探して今すぐチェックする。テレビをつけて面白そうな番組を見つけたら、「始めにジャンプ」で冒頭から楽しむ。タイムシフトマシン機能があれば、放送時間を気にせず、しかも録画予約なしで“見たい番組を見逃さない”視聴スタイルを実現します。

タイムシフトマシンで変わるテレビライフ

「タイムシフトマシンで変わるテレビライフ」イメージ

* 別売の東芝製純正ハードディスク THD-450T1A、THD-450T1(50Z10Xは非対応)を使用して、地上デジタル放送をHDレート(17Mbps)でまるごと録画した場合の目安。

※ 「タイムシフトマシン」機能のご利用には別売のタイムシフトマシン対応USBハードディスクが必要です。

※ 「タイムシフトマシン」機能は同一時間帯で設定した地上デジタル放送最大6チャンネルの録画(タイムシフトプラス1をご利用いただくことで最大7チャンネルの録画)が可能です。なお、タイムシフトプラス1ご利用時に追加可能な1チャンネルは、BS・110度CSデジタル放送も設定できます。各チャンネルごとに録画時間を設定することはできません。

※ タイムシフトマシン機能を利用して視聴できる過去の番組は、機能を用いてお客様自身が設定した番組に限ります。

※ タイムシフト録画した番組は、通常録画領域または外付けUSBハードディスクに保存した際に、自動でチャプター分割されます。

※ 一部のケーブルテレビの自主放送などコンテンツ権利保護専用方式(TRMP方式)を採用していない番組は、タイムシフト録画できません。

動画でチェック!
タイムシフトマシン&ざんまいスマートアクセスの
スマートな視聴スタイル

※ 再生ボタンをクリックすると、YouTube™に掲載している動画が再生されます。

※ YouTube™は弊社とは別企業のサービスであり、各サービスの利用規約に則りご利用ください。

「過去番組表」の全番組が
放送時間に関係なく視聴できる

「始めにジャンプ」ボタンで
番組を冒頭から一発再生できる

「過去番組表」イメージ
「始めにジャンプ」イメージ

タイムシフトマシンで録画した番組で構成される過去番組表。表示される全番組を放送時間に関係なく視聴できます。また、1つのチャンネルだけをまとめて表示する週間番組表にも対応しています。

テレビをつけて面白そうな番組*を見つけたら、「始めにジャンプ」ボタンで番組の冒頭から視聴することができます。

* 本機能は、「タイムシフトマシン」機能で録画中の番組に対してのみ動作します。

 

視聴スタイルに合った容量を選べる
「タイムシフトマシン対応USBハードディスク」

東芝製純正ハードディスク|THD-450T1A、THD-450T1、THD-250T1A。
東芝製純正ハードディスク
THD-450T1A、THD-450T1、THD-250T1A。
東芝純正USBハードディスクなら、ボディ背面への設置が可能です。薄型デザインのためデザイン性を損なうことなく、ハードディスクを内蔵している感覚で使用できます。

※ 画像はイメージです。

視聴スタイルに合わせて容量を選択可能。東芝製純正ハードディスクTHD-450T1A、THD-450T1、THD-250T1Aをはじめ、豊富なラインアップに対応しています。

※ タイムシフトマシン対応USBハードディスクは、USBハブ接続に対応していません。

※ Z10Xシリーズに背面設置した際は、テレビを壁に取り付けることはできません。

※ 50Z10Xは、THD-450T1には対応していません。

※ 「タイムシフトマシン」機能のシステムメンテナンス用に設定した時間は録画が一時中断されます。

※ 「タイムシフトマシン」機能は、データ放送の録画に対応していません。

※ 「タイムシフトマシン」機能用ハードディスクの空き容量が少なくなると、一時保管されている古い番組から自動的に削除されます。
なお、一時保管した番組をタイムシフトマシンで使用しているものとは別の通常録画領域または、外付けのUSBハードディスクに保存することができます。
保存した番組は、他の機器にダビング(コピー8回+ ムーブ1回)が可能です。一部のデジタル放送の番組はムーブ1回のみ可能です。

このページのトップへ

地デジだけでなくBS/110度CS放送の番組も見逃さない
タイムシフトプラス1

タイムシフトマシンUSBハードディスク必須(別売)
「タイムシフトプラス1」イメージ

地上デジタル/BS/110度CSデジタル放送の中から“こだわりの1チャンネル”をまるごと録画できるタイムシフトプラス1。映画やアニメ、スポーツなどの専門チャンネルはもちろん、有料放送にも対応しているので、お好きなチャンネルを、好きなときに好きなだけ楽しむことができます。

※ 本機能のご利用については、「タイムシフトプラス1」に関するご注意をご覧ください。

このページのトップへ
仕切り線

オプションのUSBハードディスク

ご注意
接続確認済み以外のハードディスクの接続は、録画や再生ができないなどのトラブルの原因になります。必ず接続確認済みのハードディスクをご利用ください。また、接続確認済み以外のハードディスクを接続した場合の録画不良などのお問い合わせ、及び保証期間中の無償修理は対応できません。

タイムシフトマシン対応USBハードディスク[別売]

東芝製(動作確認済み)
THD-450T1A 4.5TB
[別売 オープン価格

THD-250T1A 2.5TB
[別売 オープン価格]

THD-450T1 4.5TB
[別売 オープン価格]]
※ 50Z10Xは非対応。

形名 THD-450T1A/THD-450T1 THD-250T1A
幅×高さ×奥行 493×417×45mm*1 493×417×45mm*1
質量*1 3.4kg 3.0kg
消費電力 16W 16W
エネルギー消費効率 0.0029 0.0052
区分 N N
容量
(タイムシフトマシン用/通常録画用)
4TB/500GB 2TB/500GB
タイムシフトマシン録画可能時間*2
(6チャンネル)
約80時間 約40時間
通常の録画可能時間
[地デジ(17Mbps)/
BS・110度CS(24Mbps)]
約62時間/約44時間 約62時間/約44時間

*1) テレビ取り付け金具を含む。

*2) 地上デジタル放送をHDレート(17Mbps)で最大6チャンネルまるごと録画した場合。

※ THD-450T1A/THD-250T1Aには、50Z10X取り付け専用金具を同梱しています。

バッファロー製(動作確認済み)

形名 HDT-AV6.0TU3/V
[オープン価格/受注生産]
HDT-AV4.0TU3/V
[オープン価格]
HDT-AV2.0TU3/V
[オープン価格]
容量 6TB 4TB 2TB
タイムシフトマシン
録画可能時間*
(6チャンネル)
約120時間 約80時間 約40時間

* 地上デジタル放送をHDレート(17Mbps)で最大6チャンネルまるごと録画した場合。

アイ・オー・データ機器製(動作確認済み)

形名 AVHD-ZRC9
[オープン価格]
AVHD-ZRC7
[オープン価格]
AVHD-ZRC5
[オープン価格]
容量
(タイムシフトマシン用/
通常録画用)
8TB/1TB 6TB/1TB 4TB/1TB
タイムシフトマシン
録画可能時間*1
(6チャンネル)
約160時間 約120時間 約80時間
通常の
録画可能時間
[地デジ(17Mbps)/
BS・110度CS(24Mbps)]
約125時間/約88時間 約125時間/約88時間 約125時間/約88時間

*1) 地上デジタル放送をHDレート(17Mbps)で最大6チャンネルまるごと録画した場合。

※ 通常録画はカセットタイプのハードディスク(付属品)に行います。

タイムシフトプラス1対応USBハードディスク【別売】

アイ・オー・データ機器製(動作確認済み)

AVHD-UR3.0B[オープン価格][オープン価格]

AVHD-UR2.0B[オープン価格][オープン価格]

AVHD-UR1.0B[オープン価格][オープン価格]

形名 AVHD-UR3.0B
[オープン価格/受注生産]
AVHD-UR2.0B
[オープン価格]
AVHD-UR1.0B
[オープン価格]
容量 3TB 2TB 1TB
地上デジタル放送
(17Mbps)の録画
可能時間
約388時間 約258時間 約127時間
BS/110度
CSデジタル放送
(24Mbps)の録画
可能時間
約274時間 約182時間 約89時間

【タイムシフトマシン対応USBハードディスクについてのご注意】

※ テレビの修理に伴い、USBハードディスクに記録されているデータの読み出しができなくなり、初期化が必要になる場合があります。

※ USBハードディスクに録画した番組は、録画したテレビでしか再生できません
(同じ形名のほかのテレビでも再生できません)。

※ タイムシフトマシン対応USBハードディスクのタイムシフト録画用のUSB端子は、USBハブ接続には対応していません。

※ タイムシフトプラス1を行うには、タイムシフトマシン対応USBハードディスクに加え、別売のUSBハブとタイムシフトプラス1対応のUSBハードディスクが必要です。

※ USBハードディスクは当社「接続確認済み機器」をご使用ください

※ ハードディスクの容量は、1TB=1000GB、1GB=10億バイトによる算出値です。

仕切り線

[「タイムシフトプラス1」に関するご注意]

※ 本機能のご利用には別売のタイムシフトマシン対応USBハードディスクに加え、別売のUSBハブとタイムシフトプラス1対応USBハードディスクが必要です。

※ タイムシフトプラス1を使用するには、お客様が初期設定しておく必要があります。

※ タイムシフトプラス1は、データ放送の録画に対応していません。

※ タイムシフトプラス1のシステムメンテナンス用に設定した時間は録画が一時中断されます。

※ タイムシフトプラス1用ハードディスクの空き容量が少なくなると、一時保管されている古い番組から自動的に削除されます。なお、一時保管した番組をタイム シフトプラス1で使用しているものとは別の通常録画領域または、外付けのUSBハードディスクに保存することができます。保存した番組は、他の機器にダビ ング(コピー8回+ムーブ1回)が可能です。一部のデジタル放送の番組はムーブ1回のみ可能です。

※ タイムシフトプラス1を利用して視聴できる過去の番組は、機能を用いてお客様自身が設定して録画した番組に限ります。

※ BSデジタルや110度CSデジタルの有料放送を受信・録画するためには、サービス会社との契約が必要です。

※ タイムシフトプラス1を設定すると、「地デジ見ながらW録」はできません。

※ タイムシフトプラス1を設定すると、視聴できるチャンネルに制限があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

ページトップへ