Z7 SERIESハイエンドモデル

映像美・サウンド -- 色画質の向上とノイズ低減がもたらす、クリアで色彩豊かな高画質化映像が、映像コンテンツの魅力を最大限に引き出します。

映像本来の美しさを復元
3次元フレーム 超解像技術採用 –レゾリューションプラス7-

地デジもDVDも もっとキレイに!超解像技術
「3次元フレーム 超解像技術採用 –レゾリューションプラス7-」イメージ

画素数がフルHD(1920×1080)に満たない映像コンテンツの画素を復元する超解像技術。レゾリューションプラス7では、デジタル放送の送信時に圧縮されて失われた高彩度の色情報を復元。花の葉脈から果実の表面の質感まで鮮やかに描き出します。

より鮮明な映像を生む「複数フレームによる超解像技術」
「複数フレームによる超解像技術」イメージ

複数フレーム(前フレーム/表示フレーム/後フレーム)を参照して映像処理を行う超解像技術の採用により、精細感とノイズ性能の向上を実現しました。

輪郭をくっきり描き出す「色超解像技術」
「色超解像技術」イメージ

デジタル放送の送信時に1/4に圧縮された色情報のデータを、色超解像処理によって4倍に復元。豊かな色彩描写を可能にし、輪郭部を精細に再現します。

細部の質感を向上させる「カラーテクスチャー復元」
「カラーテクスチャー復元」イメージ

彩度に応じて輝度の高域成分を強調・加算する回路技術により、高彩度画像のテクスチャーを復元することで、色の濃い映像も細部の質感まで鮮やかに再現します。

再構成型超解像技術
「再構成型超解像技術」イメージ

入力映像を高解像度化してから一度低解像度に落とし、入力映像との差分を検出して精密な補正を行う再構成型超解像技術。デジタル放送でデータ圧縮の際、失われた情報を復元し、細部の精細感を忠実に再現するとともに、豊かな色彩と輝きのある映像を創り上げます。

再構成型超解像技術の仕組み

「再構成型超解像技術の仕組み」イメージ
  1. オリジナルの入力映像を解析し、仮の「高解像度」の映像を創ります。
  2. オリジナルの入力映像と比較するためにさらに解像度を落とします。
  3. オリジナルの入力映像と比較し、違いを検出します。その差を反映して精密な補正を行い、より精度の高い映像に近づけます。
  4. 超解像技術による出力映像が完成します。
自己合同性型超解像技術

エッジ部の周囲の部分から映像信号が近似した箇所を検出し、その画像を重ね合わせて新たな画像を生成する「自己合同性」を用いた技術を採用。画像の精細感を高めることで、映像の鮮鋭感を向上させます。

自己合同性型超解像処理の仕組み

「自己合同性型超解像技術」イメージ

※自己合同性型超解像処理は、1080p・iの映像信号に対しては適用されません。

もっと見る
このページのトップへ

先進機能を高度にコントロール
レグザエンジンCEVO Duo搭載

REGZA ENGINE CEVO DUO
「レグザエンジンCEVO Duo」イメージ

CELLレグザエンジンの思想を継承し、“CEVO(CELL EVOLUTION)”と名づけられた東芝の独自開発による映像エンジン。「レグザエンジンCEVO Duo」は、レグザエンジンCEVOのメインLSIを2基搭載し、従来のレグザエンジンの約6.8倍*の高速演算処理能力を獲得。先進の「3次元フレーム 超解像技術」を制御し、さらなる映像美を実現するほか、「タイムシフトマシン」や「3Dゲーム・ターボ」など、 録画やエンターテインメントの機能向上にも貢献。並外れた処理能力によって、先進機能を搭載した〈レグザ〉のパフォーマンスを余すところなく引き出します。

* コンピュータの性能指標のひとつであるMIPSによる比較。

画質をコントロール

「3次元フレーム 超解像技術」により映像本来の美しさを再現。高速演算処理能力を駆使し、高精細な映像を描写します。

録画機能をコントロール

先進の「タイムシフトマシン」に対応。さらに「USBハードディスク」(別売)や「地デジ見ながらW録」など、多彩な録画機能をします。

多彩な機能をコントロール

ブロードバンド放送への対応をはじめ、「3Dゲーム・ターボ」や「クラウドサービス」表示など、さまざまな高機能を実現します。

このページのトップへ

反射を抑えてクリアな映像を映し出す
アドバンスド・クリアパネル

「アドバンスド・クリアパネル」イメージ

部屋の照明などの映り込みを抑え、さらに高コントラストでメリハリのある画質を実現した新パネル。明るい環境でも映り込みを気にせず、黒が引き締まった映像を楽しめます。

クリア偏光板がパネル表面の映り込みを低減

「クリア偏光板がパネル表面の映り込みを低減」イメージ
このページのトップへ

高コントラストで黒がひきしまる
LEDバックライト

「LEDバックライト」イメージ

※画像はイメージです。

バックライトの光源に、明るさを幅広く調整できるLED(発光ダイオード)を採用。ダイナミックコントラスト580万:1を実現し、引き締まった黒を描写します。

このページのトップへ

お部屋や3Dグラスにぴったりの画質に自動調整
おまかせドンピシャ高画質3D

おまかせドンピシャ高画質3D

刻々と変化する部屋の環境と画面の映像信号をリアルタイムに検知し、つねに最適な画質に自動調整します。さらに3D映像の明るさや色味に対し、バックライトとホワイトバランスの調整や緻密な色再現を実施。3Dグラス越しでも美しい3D映像を楽しめます。

お部屋の壁紙さえも考慮して画質調整
テレビの背景の色は、視聴する際に目が影響を受けやすい事由の一つです。

テレビの背景の色は、視聴する際に目が影響を受けやすい事由の一つです。

→
カラーパレットからテレビの背景(壁紙やカーテン)の色を選択。

カラーパレットからテレビの背景(壁紙やカーテン)の色を選択。

→
そのテレビの背景に最も適した画質に自動調整します。

そのテレビの背景に最も適した画質に自動調整します。

場所・時間帯・室内照明の種類を読み取る
場所・時間帯・室内照明の種類を読み取る

【部屋の照度の認識】
テレビを見る環境は、場所・時間帯・室内照明などによって異なります。〈レグザ〉は視聴環境を的確に把握することで、つねにその環境に最適な画質に自動調整します。

自動で映画館の映像に近い画質に調整
自動で映画館の映像に近い画質に調整

【映像素材の解析】
受信した映像が「ビデオ素材」か「フィルム素材」かを検出します。ブルーレイディスクやDVDの映像を見る時は、自動で映画館の映像に近い画質に調整します。

このページのトップへ

速い動きもくっきりと描写
アクティブスキャン240

アクティブスキャン240
「アクティブスキャン240」イメージ

通常毎秒60コマの映像を2倍の120コマに増やして残像を低減します。さらにエリア分割によるバックライト制御(スキャン機能)でより効果的に映像の残像を低減。スポーツなど躍動感のあるシーンもクリアに再現します。

3分割バックライトスキャン

画面を3分割し、一部分のバックライトのON/OFFを実施。効果的な残像低減を行います。

このページのトップへ

明るくちらつきの少ない3D映像
シアターグラス3D

シアターグラス3D
シアターグラス3Dイメージ

蛍光灯などの照明によるフリッカー(ちらつき)を軽減し、クロストーク(映像ボケ)を抑えた明るい3D映像を実現します。また偏光フィルター方式の軽いメガネにより、メガネをかける負担を軽減して快適な3D視聴を可能にします。

※別売のレグザシアターグラスFPT-P200(J)が必要です。

シアターグラス3Dの特長

映画館でも採用されている*3D方式で
明るい映像!
「シアターグラス3Dの特長」イメージ

*一部の映画館では異なる3D方式を採用しています。

ちらつきが少なく
目が疲れにくい!
「シアターグラス3Dの特長」イメージ
軽量メガネで
長時間視聴も快適!
「シアターグラス3Dの特長」イメージ

シアターグラス3Dの仕組み

「シアターグラス3Dの仕組み」イメージ

●3D視聴に関するご注意

※3D映像を視聴するには、別売の3Dグラスが必要になります。

※視聴年齢については6歳以上を目安にしてください。

※体調がすぐれない時は3Dの視聴はお控えください。

※視聴中に体調の変化を感じた場合は、すぐに視聴を中止してください。

※3D映像の見え方には個人やコンテンツにより差があります。

Powered by FPR 3D Panel 1コマの映像内で左目用・右目用の信号を表示します。偏光フィルター方式(FPR方式)のメガネで右目と左目それぞれの異なる映像信号を見ることで立体映像が認識されます。

※FPR方式とは、Film-type Patterned Retarderの略称です。

もっと見る

オプション

軽量メガネで快適な3D視聴を実現

[Z7/ZP3/ZP2シリーズ専用]
レグザシアターグラス FPT-P200(J)

[別売 オープン価格]

電源不要の軽量化によって質量20gを実現したことにより、3D映像をより快適に視聴できます。

※ZG2/ZG1/F1/X2/XE2シリーズには対応していません。

レグザシアターグラス FPT-P200(J)
3D方式 質量 幅×高さ×奥行 付属品
偏光フィルター方式 20g 17.0×3.7×16.8cm ポーチ
このページのトップへ

ブルーレイソフトをより美しく
ブルーレイディスク高色解像度処理

ブルーレイディスク

レグザエンジンCEVO Duoの能力を最大限に活用し、画質補正を行う際に映像の色情報を間引かずに高解像度のまま処理。ブルーレイディスク再生時の細やかな色情報や色輪郭を忠実に再現し、よりリアルな映像を楽しむことができます。

※1080p/720p入力時のみ対応。

このページのトップへ

最新のアニメも昔のアニメも高画質に描写
アニメモード

アニメーションに最適なエッジの鮮鋭度を向上させる画質モードを搭載。ヒストグラムを解析し、映像本来の色と鮮明さを正確に再現することで、最新のアニメも昔のアニメも高画質で楽しめます。

一般的な映像に比べ、アニメ映像の場合、暗部の輝度分布が断続的なのが特徴的。カラー階調リアライザーはこうした映像の特性をとらえ、鮮明さと色再現の両立を図ります。

「アニメモード」イメージ

※ヒストグラム表示はイメージです。 

アニメモードで映像本来の美しさを再現

色の輪郭部がシャープになり、
画面全体も引き締まった印象に

不明瞭な暗部の描写も
映像本来の色を正確に再現

色の輪郭部がシャープになり、画面全体も引き締まった印象に
不明瞭な暗部の描写も映像本来の色を正確に再現

昔のアニメで発生しがちな
コーミングを適切に処理

地デジで録画したアニメで
発生しがちな平坦部のノイズを軽減

昔のアニメで発生しがちなコーミングを適切に処理
地デジで録画したアニメで発生しがちな平坦部のノイズを軽減
アニメの種類に応じた高画質化処理で、最新のアニメも昔のアニメも高画質

「レトロ」「デジタルアニメ(放送)」「デジタルアニメ(ブルーレイディスク)」の3つのアニメモードを搭載。セルでつくられた昔のアニメからCGでつくられた現代のアニメまで最適な高画質で楽しめます。

レトロ

デジタルアニメ(放送)

デジタルアニメ
(ブルーレイディスク)

昔のセルアニメ(アナログ)に適した映像処理を行うことで、昔のアニメを高画質で楽しめます。

地上デジタル放送のアニメに適した映像処理を行うことで、デジタル特有のノイズを抑え、輪郭をシャープに描写します。

ブルーレイディスクのアニメに適した設定です。情報量を向上させ、マスターに迫る高画質を実現します。

※ 外部720/1080p入力時

このページのトップへ

ゴルフ番組をきれいな映像で楽しめる
ゴルフモード

ゴルフ番組をきれいな映像で楽しめるゴルフモード

ゴルフを美しく楽しめる専用モード。グリーンの起伏やホールを立体的に再現することで、芝目を読みながら視聴するなど、新しいスタイルのゴルフ視聴を実現。さらに屋外のスポーツで気になりやすい白飛びも防止します。

ゴルフ番組をより臨場感あふれる映像で再現
ヒストグラムにより芝の緑色の輝度領域を抽出。最適な高画質処理を加えることで、ゴルフ番組をより臨場感あふれる映像で再現します。

芝の緑を鮮やかに再現

映像の中の緑色部分の輝度領域を抽出

映像の中の緑色部分の輝度領域を抽出。

→
色質感リアライザーによる制御

色質感リアライザーによる制御。

→
芝のアンジュレーションをよりリアルに再現

芝のアンジュレーションを
よりリアルに再現。

※ヒストグラム表示及び質感リアライザー特性はイメージです。

※画面は開発中のものであり、実際の画面とは異なる場合があります。

白いボールやシャツを正確に再現

超解像技術で芝目の立体感を向上

白いボールやシャツを正確に再現!
超解像技術で芝目の立体感を向上!

屋外スポーツで目立ちやすい、ボールやシャツなどの白飛びを抑え、質感のある描写を実現します。

平坦部の検出特性ゴルフモード専用に最適化。緑色に対するカラーテクスチャー復元を加えることで、芝目の立体感が向上し、映像の臨場感を高めます。

このページのトップへ

さまざまな種類のゲームを高画質&低遅延で楽しめる
ゲームモード

「ノーマル」「モニター」「レトロ」の3つのモードを搭載し、ゲームの種類に応じた最適な高画質化処理&低遅延を実現。最新のゲームも昔のゲームも、美しい映像で快適に楽しめます。

ノーマル

モニター

レトロ

「ノーマル」イメージ
「モニター」イメージ
「レトロ」イメージ

一般的なゲームに最適な高画質&低遅延モード

高精細なグラフィック性を重視したゲームに最適なモード

色数が少なくシンプルなゲームに最適なモード

このページのトップへ

レグザサーバーとの連携でさらなる高画質を実現
レグザコンビネーション高画質

「レグザコンビネーション高画質」イメージ

レグザサーバーと組み合わせることで、さらなる高画質を実現します。特にブルーレイディスク再生(1080p・24p)時には非圧縮12bitキャプチャーモードで動作することで、階調性・ディテール再現性を大幅に向上しています。

※ レグザサーバー対応機種
DBR-M490、D-M470、DBR-T460/T450

このページのトップへ

「色画質の向上」と「ノイズの低減」で、よりリアルな映像が楽しめる
新高画質機能

レグザエンジンCEVO Duoの能力をフル活用することで、さらなる色画質の向上とノイズの低減を実現。
さまざまなコンテンツの特長を最大限に活かした高画質映像が楽しめます。

ブルーレイソフトがより高画質で楽しめる

高画質ALL4:4:4処理
「高画質ALL4:4:4処理」 イメージ

〈レグザ〉史上初めてALLクロマフォーマット4:4:4処理を、3次元ノイズリダクションと併用。さらに3次元カラーノイズリダクションを新たに搭載したことで、ブルーレイディスク再生時の細やかな色情報や色輪郭をクリアに再現。よりリアルな映像が楽しめます。

※外部1080p/720pで「倍速モード」が「クリアスムーズ」以外で対応。

ゴルフのグリーンをより立体的に描写する

3つのシーン適応高画質処理
「3つのシーン適応高画質処理」 イメージ

「色質感リアライザー」「色階調リアライザー」「グラフィックスNR」の3つのシーン適応高画質処理を新たに搭載。ゴルフ番組でグリーンのアンジュレーションを明確に描き出すとともに、暗部の色階調性を向上させ、平坦部画像のノイズを低減させます。

画面の動画ボケを低減してくっきり再現

パンニング検出対応 3次元NR
「パンニング検出対応 3次元NR」 イメージ

〈レグザ〉に搭載されている各種3次元ノイズリダクション(パターン検出型NR/ベースバンドComb/非巡回型YNR/非巡回型CNR)に、新たに「パンニング検出機能」と「パンニング適応ノイズ低減処理」を搭載。カメラを左右に動かして撮影を行ったパンニング時に画面に生じやすい動画ボケを低減します。

このページのトップへ

多彩な高画質化処理

きめ細やかな質感を再現
パワー質感リアライザー

微妙な色合いもなめらかに描く
諧調クリエーション

ギラツキ感のない鮮明な映像
シャープネス・オプティマイザー

画面の暗部と明部をしっかり描くことで、立体感・奥行感のある映像を再現し、きめ細やかでリアルな質感描写を実現します。

液晶パネルとの相乗効果により、最大16384階調の表現力を実現。微妙な色合いのグラデーションシーンをありのままに美しく描写します。

映像シーンに応じてシャープネスを自動調整し、映像にふさわしい画質で再現。鮮明でギラつき感のない、リアルな映像を映し出します。

きめ細やかな質感を再現 パワー質感リアライザー
微妙な色合いもなめらかに描く 諧調クリエーション
ギラツキ感のない鮮明な映像 シャープネス・オプティマイザー

なめらかなグラデーションを実現
Deep Color対応

デジカメ映像を色鮮やかに描写
写真モード

 

色階調がフルカラーの24ビットを超える30・36ビットの高画質映像に対応。夕焼けなどのグラデーション映像もなめらかに表現します。

デジタルカメラの画像など静止画に最適である鮮明な画質モードを新搭載し、鮮鋭な映像を再現します。

 
なめらかなグラデーションを実現 Deep Color対応
デジカメ映像を色鮮やかに描写 写真モード
 
このページのトップへ

迫力ある重低音と明瞭度の高い音質を実現
新型バスレフ型BOX採用フルレンジスピーカー

新開発のバスレフ型BOXを搭載したことで、過度の補正なしでも明瞭度の高い歯切れのよい音質を実現。あらゆるコンテンツで臨場感あふれるサウンドを再現します。

高品位な音域再生
新型 幅35×75mm高音質フルレンジスピーカー

明瞭な低域再現性を実現
バスレフ型BOX

高品位な音域再生 新型 幅35×75mm高音質フルレンジスピーカー
明瞭な低域再現性を実現 バスレフ型BOX

振動板にマイカコーティングを施した、新型フルレンジスピーカーを搭載。20KHzまで素直に伸びた高域再現性と、f0を抑えた振動系で量感のある低域特性を実現しました。

※f0とはスピーカーの最も低く共振する周波数のことであり、スピーカーにおける低域の再生限界を決定する重要な要素です。

小型サイズながら、屈折型ポートを装備したバスレフBOXを新開発。ドライバーの能力に高度にマッチングさせたポート設計により、明瞭な低域再生を実現しました。

このページのトップへ

新開発イコライザーによる高品位音質補正
レグザ サウンド イコライザー

東芝が独自に開発した高品位音声補正技術「レグザ サウンド イコライザー」を搭載。再生音域を448バンド以上の高分解能&高精度で補正する高度な周波数軸補正に加え、時間軸特性も最適化。優れたスピーカーの潜在能力を引き出し、量感のある低域とクリアで透明度の高い音質を実現。スピーカーがインビジブル配置であることを忘れるほど、自然な音像定位も実現します。

音楽番組をキレのあるサウンドで楽しめる

理想インパルス再現技術

FIR(finite impulse response)フィルターによる高精度な周波数軸補正に加え、時間軸補正を行い、インパルスレスポンスを改善。ギターやドラムのアタック音まで忠実に再現します。

「理想インパルス再現技術」イメージ

心地よいリスニングエリアを拡大

3次元×時間軸解析=4次元補正技術

スピーカー前面の空間を立体的に測定する3次元測定技術とそこから抽出されたデータを時間軸で解析することで、聴覚心理に基づいたサウンド補正が可能。指向特性により発生するピークを抑えリスニングエリアを拡大。部屋内の広いエリアで心地よいサウンドを楽しめます。

「3次元×時間軸解析=4次元補正技術」イメージ

画面から聞こえてくるような音像再生

音像補正技術

仮想音源シミュレートに基づいた音像補正技術により不明瞭な音像定位を改善。スピーカー位置ではなく、画面から音が聞こえるような自然な音像再生を可能とし、映像と音声が融合した違和感のない再生を実現しました。

「音像補正技術」イメージ

筐体の共鳴による不快音を低減

筐体共鳴不快音低減技術

時間領域分析を加え、筐体共鳴成分を効果的に抑制。従来は困難だった筐体の共鳴による不快な音を排除することで、ノイズの少ないクリアなサウンドを実現しました。

「筐体共鳴不快音低減技術」イメージ
このページのトップへ

自動で最適なサウンドモードに切り換え
おまかせドンピシャ高音質

番組のジャンルに応じて、そのシーンにふさわしい音声に自動で切り換えます。つねにコンテンツに合った効果的なサウンドを楽しめます。

コンテンツに合った効果的なサウンド

  • 会場の臨場感が伝わるサウンド
  • 映画の迫力が伝わるサウンド
  • クリアに音声を聞きとりやすいサウンド
このページのトップへ

YAMAHA製機器をリモコンでコントロール
YAMAHA音声連携

YAMAHAのAVシステムと連携。レグザリモコンでスマートに操作できます。

「おまかせドンピシャ高音質」と連携

リモコンひとつで簡単コントロール

〈レグザ〉が番組のジャンルをYAMAHAのAVシステムに送信することで、 AVシステムがそのシーンにふさわしい音声に自動で切り換えます。

YAMAHAが誇るシネマDSP(デジタル・サウンドフィールド・プロセッサー)のサラウンドメニュー(一部)をレグザリモコンで簡単にコントロールできます。

この商品にも注目

  • その他の液晶テレビ

    J7

    クラウドがもたらす、
    次世代のインテリジェンス高画質レグザ

    J7シリーズ

    65V型/50V型/40V型/32V型

  • レグザブルーレイ商品

    DBR-T360

    3番組を同時に録れる
    3チューナー搭載モデル

    DBR-T360

    2TB(2000GB)

  • レグザブルーレイ商品

    DBP-R500

    多彩な機器とつないで、手軽に見られる。
    キレイに残せる。プレーヤーライター

    DBP-R500

    レグザリンク・ダビング

※このページの画像はすべてイメージです。

ページトップへ