TOSHIBA

テレビ レグザ

東芝映像ソリューション TOP > テレビ レグザ TOP > 商品ラインアップ一覧 > Z720Xシリーズ | 高画質 | 4K放送も地デジも高画質

映像の種類を判別し超解像処理

BS/CS 4KビューティX PRO

映画、ライブ映像など、映像の種類に応じた適切なフレームを参照し、ノイズリダクション処理・超解像処理を行うことで、BS・110度CSの4K放送をより美しく、リアルにお楽しみいただけます。

「BS/CS 4KビューティX PRO」 イメージ

3段階の超解像で、地デジも緻密な映像に

地デジビューティX PRO

3段階のステップで超解像処理を実施。気になるノイズを抑制し、自然で高精細な映像を再現します。

3段階のステップによる超解像技術で、自然で高精細な映像を再現

地デジや映画をさらにクリアで高精細に再現

アダプティブフレーム超解像

5フレームものフレームを参照しノイズ処理を行いながら、精細感を復元する複数フレーム超解像を搭載。映像の種類ごとに適切な参照フレームを選択することで、さらにノイズやチラつきを抑えた精細でクリアな映像を再現します。

「アダプティブフレーム超解像」 イメージ

* 4K映像入力時は3フレームのノイズリダクション

精細かつクッキリとした映像を実現

絵柄構造適応型MPEG-NR

一般的なノイズフィルターでは、絵柄と無関係に対称な形状となっています。絵柄構造適応型のノイズフィルターでは、処理対象画素の周囲にて解析した絵柄の相関性に基づいてフィルターの形状を適正化し、絵柄のぼやけを防止します。

「絵柄構造適応型MPEG-NR」 イメージ

さまざまな映像で美しい精細感!

2段再構成型超解像

「2段再構成型超解像」 イメージ

映像のどこを見ても美しい精細感が感じられる

絵柄解析 再構成型超解像

映像のエリアごとに画素単位で適した超解像処理を実施することで、さまざまなシーンで自然で緻密な映像に復元します。

「絵柄解析 再構成型超解像のプロセス」 イメージ

映像や文字の斜めの部分も、さらになめらかに再現

マルチアングル自己合同性超解像

「マルチアングル自己合同性超解像」では、さらに多様な角度の斜めエッジに対応。特にアニメやゲームなどの映像や字幕の斜めエッジがよりなめらかになり、さらに自然な映像を再現します。

「マルチアングル自己合同性超解像」 イメージ

肌の質感を美しく、リアルに再現。

美肌リアライザー

明るいシーンでの肌色の色飽和を高精度に検出し、自然な階調を再現。ハイライト部分の階調をきめ細やかに描き出すことで、肌の質感をよりリアルで立体的に表現します。

「美肌リアライザー」 イメージ
  • ※ このページの「4K」画素数はすべて3840×2160です。
  • ※ このページの画像はすべてイメージです。
  • ※ その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
このページのトップへ