Toshibaお問い合わせ

REGZA

2019年06月13日

東芝映像ソリューション株式会社

4K有機ELレグザPro、2シリーズを発売
~映像制作にも活用できるプロスペック高画質を実現~

 当社は、4Kチューナーを2基内蔵したタイムシフトマシン4K有機ELレグザPro「X930シリーズ」2機種(65V型、55V型)、および4K有機ELレグザPro「X830シリーズ」2機種(65V型、55V型)を6月下旬から順次発売します。

【プレスリリース情報】
 https://www.toshiba.co.jp/tvs/news/20190613_01.htm

【タイムシフトマシン有機ELレグザPro X930シリーズ商品ページ】
 https://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/x930/index_j.html

【有機ELレグザPro X830シリーズ商品ページ】
 https://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/x830/index_j.html

 新商品は、有機ELレグザPro専用にチューニングした2019年仕様の有機ELパネルと新映像処理エンジン「レグザエンジンProfessional」を搭載し、深層学習などのAI超解像技術を活用することで、4K放送や地上デジタル放送などをノイズの少ないきめ細かな高画質映像で再現します。HDR規格については、Ultra HD Blu-rayなどで採用されているHDR10規格、4K放送などで採用されているHLG HDR規格に加え、新たにHDR10+規格とDolby Vision®規格に対応いたしました。

 また、映像制作者向けにさまざまな映像情報の表示やマニュアル設定ができる「プロユース映像分析・設定機能」を搭載しています。さらに色温度センサーにより、視聴環境の照度や照明色の違い、視聴しているコンテンツにあわせて画質を調整する「リビングAIピクチャー」を搭載し自然で高画質な映像を楽しむことができます。

 X930シリーズには、放送済みの番組を過去番組表からすぐに楽しめる「タイムシフトマシン」注1を搭載しています。7系統のHDMI入力端子注2や同軸デジタルオーディオ出力端子を搭載し、多数の外部機器を接続することが可能です。

注1 タイムシフトマシンを使用するには、別売のタイムシフトマシン対応USBハードディスクが必要です。

注2 本機が認識できるHDMI連動対応機器の台数は、HDMI CEC規格に従っており、オーディオ機器1台、録画機器(レグザリンク対応レコーダーなど)3台、再生機器(当社のブルーレイディスクプレイヤーなど)3台までに制限されます。

※ 4Kの画素数は3,840×2,160です。

※ その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

以上

レグザトップページへ