Toshibaお問い合わせ

REGZA

2020年2月5日

東芝映像ソリューション株式会社

クラウド連携により高画質を実現する
新映像処理エンジン「レグザエンジンCloud」を搭載
4K液晶レグザ「M540Xシリーズ」発売

 東芝映像ソリューションは、4K液晶レグザのミドルモデルとして新開発の映像処理エンジン「レグザエンジンCloud」を搭載した4K液晶レグザ「M540Xシリーズ」(65V型、55V型、50V型、43V型)を2月21日より順次発売します。

【プレスリリース情報】
 https://www.toshiba.co.jp/tvs/news/20200205_02.htm

【4K液晶レグザ M540Xシリーズ商品ページ】
 http://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/m540x/index_j.html

 「レグザエンジンCloud」は、業界で初めて*1クラウドと連携して高画質処理を行う「クラウドAI高画質テクノロジー」を採用しました。番組や詳細なジャンルごとの映像解析情報をクラウドから取得し、視聴中のコンテンツに適切なパラメーターを用いて高画質像処理を行うことで高精細かつリアルな高画質を実現します。*2さらに、地上デジタル放送のさまざまなノイズを低減し、高精細な映像を再現する「地デジビューティX」や、ネット動画を高画質に楽しめる「ネット動画ビューティ」などの高画質技術も搭載しています。

*1 クラウド接続とAI技術を用いて高画質処理を実施するBS4K内蔵高画質処理エンジンとして(2020年2月5日発表)

*2 クラウドAI高画質テクノロジーは、2020年6月より対応予定

※ 各機能の利用には、インターネット接続が必要な場合があります。

※ 4Kの画素数は3,840×2,160です。

※ その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

以上

レグザトップページへ