Toshibaお問い合わせ

REGZA

2020年5月28日

東芝映像ソリューション株式会社

レグザ史上最高画質・音質を実現した
タイムシフトマシン4K有機ELレグザ「X9400シリーズ」発売
~48V型から77V型まで幅広くラインアップ。4K有機ELレグザ「X8400シリーズ」も同時発売~

東芝映像ソリューションは、業界で初めて*1クラウドと連携して高画質処理を行う「クラウドAI高画質テクノロジー」に対応し、レグザ史上最高画質を実現する新映像処理エンジン「ダブルレグザエンジンCloud PRO」を搭載したタイムシフトマシン4K有機ELレグザ「X9400シリーズ」を6月19日より順次発売します。

新開発の高コントラスト有機ELパネルを採用することで、さらなる映像美を実現しました。音質面では、実用最大出力合計値142W(非同時駆動、JEITA)のパワーアンプを搭載した「レグザパワーオーディオX-PRO」*2を新搭載。迫力あるサウンドと重低音で、リアルかつ広がりのある高音質を再現します。ディスプレイサイズは77V型、65V型、55V型、48V型の4種類と幅広く、設置場所やライフスタイルなどに合わせて選択することが可能で、さまざまなお客様のニーズにお応えします。

また、新開発の有機ELパネルと「レグザエンジンCloud PRO」を搭載した4K有機ELレグザ「X8400シリーズ」も6月19日に発売します。有機ELテレビならではの臨場感あふれる美しい映像を気軽にお楽しみいただける商品です。

【プレスリリース情報】
 https://www.toshiba.co.jp/tvs/news/20200528_01.htm

【タイムシフトマシン4K有機ELレグザ X9400シリーズ商品ページ】
 http://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/x9400/index_j.html

【4K有機ELレグザ X8400シリーズ商品ページ】
 http://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/x8400/index_j.html

*1 クラウド接続とAI技術を用いて高画質処理を実施するBS4K内蔵高画質処理エンジンとして(2020年5月28日発表)

*2 77V型、65V型、55V型のみ。48V型は実用最大出力合計値72Wの「レグザパワーオーディオXD」を搭載

※ 各機能の利用には、インターネット接続が必要な場合があります。

※ 4Kの画素数は3,840×2,160です。

※ その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

以上

レグザトップページへ