Japan

ToshibaJapan

東芝トップページ採用情報新卒採用情報社員インタビュー|橋本 隆太郎

社員インタビュー

橋本 隆太郎
2016年入社
東芝デジタルソリューションズ株式会社
ソフトウェア&AIテクノロジーセンター
アナリティクス・ディープラーニング技術開発部
専攻:自然科学研究科 情報電気電子工学

最新のAI 技術を用いたデータ分析で、東芝ならではの価値をお客様に提供します

ディープラーニングを中心とした、AI 技術を用いたデータ分析を担当しています。具体的には、工場で収集したデータを用いた生産性向上活動や、匿名化された医療データを用いたビッグデータ活用アプリケーションの実装などに取り組んできました。私が所属する部署は、最先端の技術を生み出していく研究開発と、それらの技術を実際に社会で起きている課題に適用していく社会適用の2つの役割を持っています。そのため、お客様を訪問して提案やディスカッションをする機会も多くあります。

東芝グループは、数多くの実績から抽出したノウハウと、高い技術力によって作られた先端要素技術を持ち合わせています。これらを最適に組み合わせて、お客様にとってより満足度の高い提案ができるよう、日々努力を続けています。新たな技術にいち早く触れ、その技術をお客様の課題解決に役立てるところまでトータルに携わることができ、非常にやりがいのある仕事だと感じています。

少々個人的な話になりますが、入社後に初めて開発を担当した技術が、あるお客様のスマートフォン向けアプリの一機能として搭載され、その機能が便利だとSNS 等で大きな反響を頂きました。おかげ様でアプリは現在までに十万人以上の方にお使いいただいています。自分のアイデアがお客様の課題解決につながり、また実際に多くの方々に価値をお届けできたという経験を通して、私は技術者として非常に大きな自信を持つことができました。

モノづくり企業として長い歴史を持ち、グループ内にさまざまな特徴を持った部署や社員がいる「東芝」ならではの課題解決策で社会に貢献できることが、東芝のエンジニアとして働く大きな意義だと思います。

PAGE TOP